文系・スキル不要 | 将来性のある仕事を海外ノマドが解説

今日は将来性のある仕事についてお話ししていきたいと思います。近年の働き方改革や副業解禁の動きなど日本の働き方は大きく変わろうとしていますが、
そんな大きな働方の変化に大きな不安を抱えているかもしれません。
僕はノマドとしてブログ書いたりしながらPC1台で日本と海外を行ったり来たりしながら場所を選ばない働き方をしていますが、
今日はそんなノマド、フリーランスという立場から
 
  • これからどんな仕事や業界が伸びていくの?
  • 将来性のある仕事をしたい
  • キャリアチェンジするならおすすめの仕事は?
  • 文系なんだけど大丈夫?
  • 今はスキルも経験もないけど頑張ってみたい
こんな疑問に答ええていきます。

まず最初に!!将来性があるかどうかは働き方次第

まず最初にシェアしておきたいことは、将来性があるかどうかというよりも僕は働き方の方が大事だと思っています。
例えば僕のエジプト人の友人は歯医者さんなのですが、
彼女はいまブログやインスタグラムを使って外国からの患者さんを獲得しようとマーケティングを学んでいます。
治療費の安いエジプトに歯の医療を求めてくる方が多いのでそういう方向けにビジネスしていきたいということでしたが、
今回のケースもしかしたら「歯医者さん」という1つの軸だけだったら厳しいかもしれないけど、WEBを使うことで外国からの患者さんにアプローチして国外の患者さんが増えれば新しい可能性が開けるわけですよね。
こんな風に、
違う業界のものを掛け合わせることで新しい働き方ができるようになっていきます。
なので、「将来性のある仕事はこれです!」みたいにランク付けされたものをたまに見たりもしますが一概には言えなくて、
働き方を見直すとか、キャッシュポイントを増やすとか、そういう視点を持ちつつ将来性のある業界とか会社を探していくというのがいいと思います。
終身雇用が通用した時代であれば職業を1つに絞って、その仕事をずっと定年までやっていくことも可能だったのかもしれませんが、今ってそういう働き方は現実的ではありません。
だからこの仕事は将来性がある、ないというように職業を1に絞るのでなくて、
職業を掛け合わせる視点だったり、サイドビジネス的に、仕事以外にキャッシュポイントを作れるような働き方を探すという視点も大事かなと思います。

とは言ってもIT、WEB業界はこの先もガンガン伸びていく、

とは言ってもIT,WEB業界がこの先伸びていくことはいうまでもありません。

  • 自動運転
  • 無人コンビニ
  • スマート家電

生活のIT化が進む事は間違いないわけですから普通に考えてIT関連の職業は将来性は高いですよね。

また5Gがきて動画コンテンツがもっと主流になれば、youtubeとかtiktokなどの動画コンテンツが盛り上がるだけじゃなくて、WEB広告が動画になったりと、今まで文字媒体だったモノが映像に移行してきます。

そうすると、今までは直接WEBやITとは関係ない分野でも

今後はますますプログラミングやエンジニアを始めITやWEBを通して様々な仕事が増えていきます。

なのでシンプルに将来性のある業界に飛び込みたかったらITとかWEB界隈で面白そうなことをやってるスタートアップに入るとか、ツイッターでDMしてみたりコンタクトを取ってみるといいと思います。

将来性がある仕事を海外ノマドがピックアップ

以上のことを踏まえつつ、将来性のある仕事をご紹介していきますね。

エンジニア(AR,VRなど)

スマートグラスが市民権を得ればARが爆発的に普及しそうですし、自動車の自動運転などITの進化に伴って必要となるエンジニアリングスキルって計り知れません。

ARに限った話ではありませんがこういう分野って何か作ってみるってことが大事だと思ってます。実際にデザインしたりプログラミングしながらスキルって上がっていくので、興味がある分野で何か作ってみるところからスタートしてみるといいと思います。

エンジニアって分野が広いので、自分はどんな分野に興味があるか?ってことは考えてあげるといいと思います。

基本的なスキルならudemyならオンラインコースで学ぶこともできますし、「まずはエンジニアリングってどんなものか知りたい!」という人はこういうコースでサクッとスキルを身につけてしまうのもありですね。

アップルもスマートグラスの特許をすでに取得してて、ARを搭載したスマートグラスが出るのは時間の問題、スマートグラスが市民権を得ればAR業界はすごいことになりますね。

スマホでもAR技術を使ってサービスなどもどんどん普及していくので、個人的にはARってすごく将来性があるなって思います。

仕事の見つけ方・学び方

  • オンラインコースで学ぶ
  • スタートアップを狙う
  • ツイッターでDMしてみる
  • 広告関係もアリ

文筆家、ライター

続いてライターや文章を書く仕事です。

ブログやWEBメディアもどんどん増えていますし、noteもいまだに盛り上がってますよね。

「5Gがきたら動画の時代になるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、仮に媒体が変わっても、文章を書くという仕事が失われることはないです。

上手い文章を書ける、人の心を動かせる文章を書けるようになると、

  • ブロガー
  • ライター
  • コラムニスト
  • コピーライター

のように応用も効きますし、ブログやツイッターなど個人として発信していくならマストで身につけたいスキルだと僕は思ってます。

ライターとして経験を積むならランサーズのようなクラウドソーシングサイトで未経験可の案件を受注してスキルを磨く方法もあります。

未経験で雑記ブログのライターですと1000~2000文字で300円~500円くらいが相場ですかね。

ただライターとしてやっていくのであれば自分のメディアを作って収益化した方が学べることも多いし、収入も得やすいので僕は断然こっちがお勧めです。

案件を受注すると毎回同じ数をこなさなければいけませんが、メディア運営ならある程度記事を入れてしまえば、後は自動で収益が生まれるようになってきます。

僕はブログ収益化のコースを主催してますが、1つのブログから月収150万円を超えるようなメンバーも出てきてます。

記事数も300記事程度でこの数字でして、仮にライターとして活動する場合と比較してみましょう。

  • 1ヶ月30記事
  • 1記事の単価が300円

で仕事をするとなると、

1ヶ月で9000円ですね。

これを300記事こなすとすると、10ヶ月かかって、収益は9万円という計算になります。

でも自分でブログを運営していれば、100万円以上の収益を生み出すことだってできるわけですね。これってすごい差だと思います。

合わせて読みたい

今日は僕が主宰させてもらっているブログマネタイズコース「Blogger's High」の特別コースである「THE PRO」にご参加されているRyosukeさんが副業でブログ収益化に取り組み月収150万円という数字を達成されました。 Ryo[…]

仕事の見つけ方・学び方

  • クラウドソーシングで仕事を見つける
  • ブログを自分で運営する
  • ブログを学ぶオンラインコースを受講する

WEBマーケター

マーケティングとは4Pを設計することを言います。

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)

モノを作って消費者のもとに届けるまでの道筋を作ってあげるのが主な仕事になるわけですが、今の世の中て物質的な需要ってほぼ満たされているので、

商品・サービス設計から販売経路など戦略を立てていかないと売れません。

なのでモノを売る力って今もこれからの時代ますます重要になっていきます。

例えばwiiは1億台を突破した大ヒット商品ですが、これもマーケティングをもとに今までゲームをプレイしなかった主婦や家族層を取り込得たことで大ヒットしたと言われてます。

数字やデータなどロジカルな世界でもありますが、一度マーケティングスキルを身につけてしまえば売るモノが変わっても対応できるので、応用力のある仕事ですね。

先ほど例に出したゲーム業界のような大きな市場じゃなくても、

例えば、インターネットで何か商品を販売する場合でも、マーケティングスキルが生かさレます。

スタートアップなど面白いことをやってそうな企業に入ってマーケティングを学んだり、広告業界などでスキルを身につけていけばいいんじゃないかなと思います。

仕事の見つけ方・学び方

  • WEB系の企業に就職する
  • オンラインコミュニティで学ぶ
  • ブログなどを主体に商品を売ってみる

映像クリエイター・映像編集

5Gやスマホカメラの性能向上やミラーレスカメラの低価格化などによって映像がより一般化してきてますので映像関係のスキルがあるとかなり重宝されますね。

また5Gがきて動画コンテンツがもっと主流になれば、単純にyoutubeとかtiktokなどの動画コンテンツが盛り上がるだけじゃなくて、

WEB広告が動画になったりと、今まで文字が主流だった広告やコンテンツが映像化していきます。

クリエイター以外の分野でも重宝されるスキルとなりますね。

もうすでに動画編集の外注化など増えてきてるので、映像編集ができるだけで仕事になります。

  • Adobepremiere
  • Final cut pro
  • DaVinchi Resolve 

などの映像編集ソフトは使えるようになっておくといいですね。ちなみに僕はDaVinchi Resolveを使ってます。

仕事の見つけ方・学び方

  • 自分で動画を作る
  • youtubeで学ぶ
  • 映像系の専門学校に通う

職業の将来性も大事だけど、

冒頭でもお伝えしましたが、職業の将来性を判断するのではなくて、複数のスキルを掛け合わせるような働き方をしたり、キャッシュポイントを増やすといった考え方も必要だと考えています。

今って個人で当たり前のように発信したり、ブログで収入を得たりと収入を得る方法も、働き方もたくさんあります。

なので、まずは働きつつブログで月収10万円~30万円くらいの収入を得てみるとか、ツイッターで発信して自分をブランディングしつつ、フォロワーを増やすとか、

仕事や職業だけに囚われない個人の活動が大事になっていきますね。

このブログでは稼ぐノマドになるというテーマで個人の働き方についての発信をしてるので興味のある方はいろいろご覧になってください。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。
合わせて読みた記事

「PC1台で稼ぐ」そんなコピーが登場し始めたのは2013年ごろでしょうか。ネットビジネスやアフィリエイターという人たちが登場して彼らが好んで使っていたコピーが、 「PC1台で稼ぐ。」「PC1台で自由になる」このようなコピーでした。 […]

*Yahoo,Gmailでご登録お願いします
>500人以上に読まれているメルマガ。配信中。

500人以上に読まれているメルマガ。配信中。

みるみるうちに減っていく預金残高に恐怖を感じ働き詰めだった海外生活。海外でサバイブを経験して努力も成長もしたけど、「日本に帰ったあと自分のキャリアはしっかりと確立できるだろうか?」という不安。そんな不安を吹き飛ばしてくれたのは「ノマド」という働き方だった。僕がどうやってノマドとして生きていくきっかけを得たのか、ノマドビギナー時代はどうやって収入を得ていたのか?daikiの全てを綴ったストーリーがここに。

CTR IMG