fbpx

【社会人】人生つまらないと感じてた僕が未来を180°変えた方法と実践したこと。

 

社会人になってからは家と会社を往復するような毎日が増えて、「もっと違う人生があったんじゃあないかな」なんて思ったりします。

あまりに決まったルーティンすぎて1週間何をしていたのかわからない時ありますからね。

今はノマドとして海外を回ったりビジネス仲間や起業家、フリーランス仲間と一緒に仕事を頑張ったり、

ブログ収益化コースを主催したりと、それなりに充実した日々を過ごしてるんじゃないかなと思ってます。

でも、

以前の僕もこの記事を読んでれているみんなと同じように「人生がつまらない」もっとワクワクして楽しめる人生にしたいという感情が湧いてくることがありました。

「人生はつまらない」という感覚はどこからくるのか?その原因と実際にぼくが起こしてきた行動などをお話ししていきたいと思います。

「人生がつまらない」と感じる理由は変化のない日常への恐怖だったと思う。

僕はイタリアンというフードの世界で毎日料理と向き合っていました。

人手が足りなくてサービス残業で0時近くまで仕事してたり、仕事的な悩みもありましたが、「人生がつまらない」と感じる原因ってそこじゃなかったなと思います。

僕は広い世界で生きたいっていう思いがあって、

  • 仕事で海外に出張に行ってるとか、
  • 会社で大きなプロジェクトを任されているとか、

そういうスケールの大きな生き方をしてる友人話を聞くとすごく羨ましく思っていました。

だから理想を叶えられない自分にフラストレーションが溜まっていたというのもあります。

でも人生がつまらなく感じる一番の原因って「変化がない日常を送ってること」だったと思います。

毎日毎日、自宅と職場の行き来を繰り返して過ぎていく1週間もそうだし、似たようなルーティーンをこなす業務もそう。

どこか前進していない自分の人生に焦りとか不安を感じいました。

「このまま興味があることとか、夢とか何もなし遂げられること無く死ぬのかな。」

なんて思ってました。

人ってどんな環境になも慣れる生き物ですから、例え現状の人生とか仕事に満足していなくても、何か不満があっても、そこまで大きな事だとは思わないようにできてます。

残業が200時間とかあってもう少し余裕が欲しいなと思いつつも、それが普通になってしまう。

勇気を出してキャリアチェンジすればもっと違う人生あったんじゃないかなと思いながらも、妥当な職業を選んでしまう。

今の延長線上の日常を歩んでしまうものです。

でもいつか、「あれ?」って思った時はもう遅いかもしれない。

そういう後悔って「変化しないこと」で現実化する未来だと僕は当時思っていました。

「だから何かをしたい!」でも何をすればいいかわからない。どうすれば人生が変わるのわからない。そんな毎日が怖かったですね。

「人生つまらない」とは無縁。変化に富んだ毎日を送るために必要なことは?

じゃあワクワクするような人生ってどうやって作っていけばいいのでしょうか?

365日いつでも刺激的でハッピーな人はいないかもしれない。時には苦労することだって辛いことだってある。でもそれはみんな同じ。

人生いろいろあるわけだから、どうせなら自分の心で決める人生を歩みたいものです。

僕の周りには人生を謳歌してる人たちがたくさんいるので、

僕を含め皆さんに共通していることや、今のライフスタイルにたどり着くために取り組んできたことをご紹介していきたいと思います。

時間的な余裕を作る

毎日家と会社を往復するだけの日々では疲弊しちゃうよね。

時間がないと何かしようとしても、無理だよね。

まずは時間的な余裕を作るということです。

以前は目覚ましとプレッシャーで目が覚めていましたが、現在は起きる時間は自分でコントロールできます。

朝ゆっくりコーヒーを入れる時間があるだけで幸せだと感じますが時間の余裕は心の余裕だなと思います。

レストラン時代はマネージャーや料理長など地位が上がれば上がるほど忙しくなるというジレンマがありました。

忙しい時は普通に泊まり込みで仕事とかしていましたからそういう姿を見ると、何のために働くのかわからなくなったりします。

先ほども少しお話ししましたが、人間は「慣れる」ので、そういう毎日を送ってると思考が麻痺してきてしまうんです。

だから今の現状を客観視して、

  • 今の時間を作る
  • 将来的に時間が作れるため動く

そういう考え方が大事です。

これは別に真似しなくていいのですが、僕は日本を出るという選択を取りました。

このまま仕事を続けても僕が望んでることは実現できないとわかっていたので、

  • 転職する
  • 日本を出て世界をみてみる

この2つの選択肢があったわけですが僕は日本を出るという選択をしました。

結果的に得たものは大きかったです。

プロフィールでもお話してますが、オーストラリアの生活を通してそれまでの人生では出会うことができない人たちに出会えたし、今のような働き方をするきっかけも得ることができた。

日本以外の世界を知るって大事なことなので人生で一度はそういう時期があってもいいと僕は思ってますので、海外にでてゆっくりする時間を作るのも一つの方法だと思います。

経済的な余裕を作る

経済的な余裕ができれば選択肢が増えますし、現状の不満などは経済的な理由である場合が多いので、まずは経済的な問題を解消してしまうことが手っ取り早い解決法だったりします。

例えば、

僕が主催してるコースではブログで収入を得ることを目的としてますが、ブログで月収10~30万円くらい得られるようになればそのまま仕事を続けてもいいし、独立するという選択をしても良いわけですよね。

ブログ収益だった普通に増やしていくことだってできるので、まずは小さくキャッシュポイントを増やしていくことをやっていきましょう。

人生を楽しんでる仲間を作る

人生を楽しみたいなら人生を楽しんでそうな人たちと繋がる。これが一番早いですね。

ビジネス仲間と一緒にバーベキューをしたり、動画撮影会を開催したり、仕事もプライベートも楽しめる仲間がいるとやっぱり楽しい。

それに人って周りにいる人たちの考え方に無意識のうちに影響を受けているので、どういう人と一緒にいるか?ってすごく大事。人間関係ってすごく大事です。

飲み会になれば会社や上司の愚痴ばかりになってしまうような環境にいれば普段の自分が愚痴っぽくなたり、ネガティブになりやすくなりますよね。

以前の僕がそうでした。

今ならオンラインコミュニティなどネットを使えばいくらでも面白い人と繋がれます。普通の生活をしてると自分を取り巻くコミュニティって会社の人間関係だけになりがちですが、それ以外のところでも繋がりを作れると良いですね。

僕もブログに取り組んでいた時にはブログマネタイズのコミュニティに参加して切磋琢磨できる仲間と頑張ってました。

そうやって同じベクトルで努力できる仲間を増やすって大事です。

仕事を変える

人生の幸福度は仕事の幸福度と直結します。

人生が最高に楽しいのに、仕事が絶望的につまらないと感じてる人っていないんですよね。

少なくとも僕の周りの起業家とかフリーランス仲間たちは仕事を楽しんでる。だから人生の幸福度も高いんだろうなと思います。

だからワクワクできる働き方を目指すってことはめちゃくちゃ大事ですね。

できる、できないってことはとりあえず置いておいて、

  • 自分は何を望んでいるのか、
  • その望みを叶えるためにはどう動いていけば良いのか、

こういう視点を持ってあげると幸福を感じやすい人生にシフトしていきやすいです。

一歩ずつ動いていけば普通に人生は変わっていきます。

僕はブログで広告収入を得るところからスタートしましたが、それまでのキャリアとは全く関連性がありません。

人に読んでもらえるような文章も書いたことないし、WEBに精通した知識も専門性もなかった。

でも僕の理想を叶えられそうなのはブログだったので、「とにかくやって結果を出そう」という気持ちでやってました。

今だったらブログのようにリスクなしで始められることってたくさんありますので、思いきって働き方を変える勇気を持つことも大事です。

人生がつまらないと感じていた僕がやったこと

というわけで、僕が人生を面白くするためにやったことは

  • 日本を出た(環境を変えて自分の時間を作る)
  • 仕事を変えた(ブログを始めた)
  • 仲間を作った

ということでした。

特に、環境を変えたことは僕の人生に大きな変化をもたらしました。環境が変われば自分の行動も変わるし、周りの人間関係も変わる。

そういう新しい自分になっていくことで人生も変わっていきます。

住んでいる州によって年収が変わるというアメリカの研究もあるくらい住む場所って大事なので、身の回りの環境を大きく変えることが人生を変える簡単な方法ですね。

人生をつまらなくするのも面白くするのも自分次第。

人生は一度きり。だから悔いの残らない人生にしたいとは誰もが願うはずです。

でも多くの人は現状に延長線上の人生を歩むことになります。じゃあ人生が変わる人とそうじゃない人の違いは何か。

今までとは違う世界に飛び込めるかどうか?です。

僕のメルマガを読んでいただければ、少なくとも新しい世界を垣間見ることができうはずですので、気になる方は読んでみてください。

 

*Yahoo,Gmailでご登録お願いします
>500人以上に読まれているメルマガ。配信中。

500人以上に読まれているメルマガ。配信中。

みるみるうちに減っていく預金残高に恐怖を感じ働き詰めだった海外生活。海外でサバイブを経験して努力も成長もしたけど、「日本に帰ったあと自分のキャリアはしっかりと確立できるだろうか?」という不安。そんな不安を吹き飛ばしてくれたのは「ノマド」という働き方だった。僕がどうやってノマドとして生きていくきっかけを得たのか、ノマドビギナー時代はどうやって収入を得ていたのか?daikiの全てを綴ったストーリーがここに。

CTR IMG