MENU
読むだけで!初心者からノマドの一歩が踏み出せる7日間メール講座

海外ノマドの銀行口座事情とお金の管理方法まとめ

ダイキ
✔︎東南アジアで海外ノマド

✔︎月収10万円~100万円以上の稼ぐノマド輩出。

✔︎ブログ収益化コンサルタント

海外ノマドって銀行とか、収入、お金の管理ってどうしてるの?っていう質問をよくいただくのですが、今日はそんな疑問に答えてみたいと思います。

この記事を書いた当時より僕のノマドライフもアップデートされていてWISEやRevolutを使って海外滞在中のお金の管理をしています。こちらの記事を先にお読みください。

「読みたい!」ところからどうぞ!

結論:日本の銀行口座で大丈夫!!

結論から言って日本の銀行口座で大丈夫です。そもそも、海外の銀行口座って就労ビザなどそれ相応のビザや永住権などがないと基本的に開設できません。

たとえ数ヶ月の長期滞在でも観光目的の滞在なら銀行口座は作れないので日本の銀行口座から外貨を引き出せばOKです。

基本はコーヒー一杯でもクレジットカード払い

じゃ現地でどうやって現金を手に入れたり支払いをしているかという話をしていきます。

まず支払いはクレジットカードが基本です。クレジットカードが使える場合は全てクレジットカードで支払います。たとえスタバのコーヒー1杯でもクレジットカードです。

その理由はキャッシュだと単位がよく分からず面倒っていうのもあるのですがレートがいいからですね。海外のATMから現金を入手しようとすると手数料が高かったりレートが悪いです。空港の外貨両替なんてもってのほかですが。笑

クレジットカードのレートって実は良心的なんです。なので僕は基本クレジットカードが使えたら全てクレジットカードで支払います。

日本だとある程度まとまった金額じゃないとクレジットカードは使わないみたいな暗黙のルールがあったりしますが海外だとスーパーやちょっとした買い物などまでクレジットカードで払うのが一般的です。

例えコーヒー1杯でも恥ずかしがる必要は全然ないですよ。

paypalに資金を入れておくと、いざという時に便利

ただクレジットカードも万能ではありません。

  • 原因不明のエラーが発生して使えない
  • 日本発行のクレジットカードは使えない

と言ったトラブルに見舞われることもあり得ます。

僕僕はマレーシア滞在を決めた際に初日の空港でgrabを使ってアパートに向かおうとしたところ「grab」の支払いにクレジットカードが設定できなかったんですよね。楽天カードは使えなくて、他のカードも試しましたが何故か使えませんでした。

grabが使えないってことで結構焦ったんですがその時「grab」はpaypalの支払いも対応していることに気づきなんとかその場でgrabの支払い設定を完了させることができました。

クレジットカードは万能というわけでもなくて僕のように海外のサービスの支払いに対応していない場合もあります。クレジットカードを複数枚用意しておくことはもちろん、日本の銀行口座以外にもpaypalにある程度資金を入れておくと意外と助けになります。

PayPalってpaypalと口座間の資金の移動は手数料が無料でネットからすぐにできるので結構便利です。マレーシアで僕はpaypalに救われました。

現地で現金が必要ならキャッシング

基本はクレジットカード決済ですが、現地で現金が必要な場合は現地のATMでキャッシングしましょう。

キャッシングの方法は色々な方が解説してくれているのでそちらをみてください。日本円を外貨へ両替するよりもずっとレートがいいです。

キャッシングって「借金」という印象があってあまりいいイメージがないかもしれませんが、キャッシングした分は翌月のクレジットカードの利用分として計上されるだけなので実際はお金を借りるというよりクレジットで支払いをした場合と変わりません。

さらにレートも悪くないので現金が必要な場合はキャッシングを利用していきましょう。

僕は空港に着いたらまずクレジットのキャッシング機能を使い5万円分くらいは外貨として持っておきます。

海外ノマドのお財布の中身と管理方法

  • クレジットカード・・・3枚(僕は全部VISAですが、全て同じブランドはお勧めしません)
  • 現地のICカード・・・1枚
  • 日本円・・・・・・・・・1万円程度
  • 現地の紙幣・・・・・・・・・・1万円程度

財布の中身はこれだけ。支払いはクレジットが8割で

  • 移動(タクシー)
  • スーパーでの買い物
  • カフェ代
  • レストランなどのご飯代

全てクレジットで支払い、クレジットが使えない場合のみ現金で支払います。

僕が今まで現金しか使えなかったケースは、

  • ローカルなレストラン(東南アジア全般)
  • マレーシアのセブンイレブン(意外と使えなかった)
  • ウラジオストクの空港行きの電車
  • バンコクのコンドから空港行きのハイヤー
  • ICカードのチャージ(やり方はあるかも)

100%クレジット化できないのが歯痒いところなのですが、こればっかりはしょうがないですね。

そして現金が少なくなってきたなと思ったらクレジットカードからキャッシングします。

これだけシンプルでも世界中どこでも生きていけます。

まとめ

という感じで海外ノマドと言っても実は日本の銀行口座とクレジットカードがあれば全然問題なく暮らすことができます。

ただいまだにクレジットカードが使えないところもありますし、電子マネーで支払いできればキャッシングしなくて済むのにな〜なんて思うのですが流石にそれは無理そうですね。

中国本土などは中国の永住権やビザがなくても、アリペイの登録ができるようなので、中国本土ではアリペイでガンガン支払うってこともできるかもしれません。

現地でのお金の管理は常にデジタル化、最適化していきますのでまた変化があれば記事にしていきたいと思います。

海外ノマドによる7日間のメール講座

 

 

 

 

 

*Yahoo,Gmailでご登録お願いします

この記事を書いた人

ブログとリストマーケティングで、
月収10万円~100万円の収入を得る次世代ノマドを輩出。

メルボルン留学後にブログ起業で起業し2019年からマレーシア、バンコク、香港など東南アジアで海外ノマド開始、

ブログ収益化がゼロから学べる講座【FREEDOM ONE+】運営
個人ビジネスの作り方が学べるサロン【稼ぐフリーランス大学・KFU】運営

月に20箇所以上回るほどのカフェ好き。

コメント

コメントする

「読みたい!」ところからどうぞ!