MENU
読むだけで!初心者からノマドの一歩が踏み出せる7日間メール講座

No Self Pingsを導入してセルフピンバックを防止する方法!

noselfpings
ダイキ
✔︎東南アジアで海外ノマド

✔︎月収10万円~100万円以上の稼ぐノマド輩出。

✔︎ブログ収益化コンサルタント

『No Self Pings』はセルフピンバックを防止してくれるプラグイン。

ワードプレスの設定では自分ブログ内の記事から記事へリンク(インナーリンク)を貼ると『モデレートしてください』という通知がきます。

自分の記事のリンクを貼る度に『モデレートしてください』という通知が来るのはちょっと煩わしいですね。

そんな時にこの『No Self Pings』を使うことで通知がこないようにすることができます。

「読みたい!」ところからどうぞ!

ピンバックとは?

ピンバックというのは簡単にいうとお知らせ機能のようなものです。

記事のリンクが貼られた場合にそのリンク元のブログに『この記事にあなたの記事がリンクされましたよ!』という通知をする機能がピンバック機能です。

自分の記事同士がリンクされた場合でもピンバックしてしまうのが難点。

いちいち処理するのも面倒なのでNo Self Pingsを導入してセルピンバックからおさらばしましょう(笑)

Now Self Pingsをインストールしよう

 

プラグインというのは相性があり、お使いのテーマやインストールされているプラグインによっては不具合を引き起こす場合もあります。

StingerとNo Self Pingsは相性が良くないという報告もありますのでStingerのテーマをお使いの方はインストールしない方がいいでしょう。

左の『ダッシュボード』の中から『プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

キーワードに【No Self Pings】と入力すると左側に表示されますので、『インストール』をクリックし『有効化』をクリックして完了です。

No Self Pingsは有効化しておくだけでOKなのでこれで、セルフピンバックの通知がこなくなります。

まとめ

いきなりコメント欄に通知がきてびっくりされる方もいらっしゃるんですよね。

ぼくも最初、アヤシイURLが貼られていて『うわっ・・スパム??』って思ったのですがよく見ると自分のブログのURLだった(笑)という経験もあります。

セルフピンバックの処理をするのも意外と手間なので、ぜひ導入してみてください。

海外ノマドによる7日間のメール講座

 

 

 

 

 

*Yahoo,Gmailでご登録お願いします

この記事を書いた人

ブログとリストマーケティングで、
月収10万円~100万円の収入を得る次世代ノマドを輩出。

メルボルン留学後にブログ起業で起業し2019年からマレーシア、バンコク、香港など東南アジアで海外ノマド開始、

ブログ収益化がゼロから学べる講座【FREEDOM ONE+】運営
個人ビジネスの作り方が学べるサロン【稼ぐフリーランス大学・KFU】運営

月に20箇所以上回るほどのカフェ好き。

コメント

コメントする

「読みたい!」ところからどうぞ!