No Self Pingsを導入してセルフピンバックを防止する方法!

noselfpings

『No Self Pings』はセルフピンバックを防止してくれるプラグイン。

ワードプレスの設定では自分ブログ内の記事から記事へリンク(インナーリンク)を貼ると『モデレートしてください』という通知がきます。

自分の記事のリンクを貼る度に『モデレートしてください』という通知が来るのはちょっと煩わしいですね。

そんな時にこの『No Self Pings』を使うことで通知がこないようにすることができます。

ピンバックとは?

ピンバックというのは簡単にいうとお知らせ機能のようなものです。

記事のリンクが貼られた場合にそのリンク元のブログに『この記事にあなたの記事がリンクされましたよ!』という通知をする機能がピンバック機能です。

自分の記事同士がリンクされた場合でもピンバックしてしまうのが難点。

いちいち処理するのも面倒なのでNo Self Pingsを導入してセルピンバックからおさらばしましょう(笑)

Now Self Pingsをインストールしよう

プラグインというのは相性があり、お使いのテーマやインストールされているプラグインによっては不具合を引き起こす場合もあります。

StingerとNo Self Pingsは相性が良くないという報告もありますのでStingerのテーマをお使いの方はインストールしない方がいいでしょう。

左の『ダッシュボード』の中から『プラグイン』→『新規追加』をクリックします。

キーワードに【No Self Pings】と入力すると左側に表示されますので、『インストール』をクリックし『有効化』をクリックして完了です。

No Self Pingsは有効化しておくだけでOKなのでこれで、セルフピンバックの通知がこなくなります。

まとめ

いきなりコメント欄に通知がきてびっくりされる方もいらっしゃるんですよね。

ぼくも最初、アヤシイURLが貼られていて『うわっ・・スパム??』って思ったのですがよく見ると自分のブログのURLだった(笑)という経験もあります。

セルフピンバックの処理をするのも意外と手間なので、ぜひ導入してみてください。

WEBを活用したビジネスの作り方を配信するDaikiのメルマガはこちら!

「ブログで収入を得てみたい」

「場所を固定しない働き方を実現したい」

僕と同じような夢を持った仲間が集まるメルマガコミュニティが誕生しました。

ゼロからブログ収益化を目指す方法やWEBを使ったビジネスの作り方など、面白くて学び溢れるメルマガを配信しています。



noselfpings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Daiki

WEBマーケター、ブログコサンルタント。 オウンドメディアNomad Avenueを運営する傍ら複数のブログを運営し1ブログで月間48PV/アドセンス収益は月収21万円を記録。 オーストラリアから帰国後に起業し、現在はブログの収益化メインにコンサルタントとしても活動中。 グルメと旅をこよなく愛する左利き。