sirius.wordpress

【完全版】シリウスやhtmlサイトからワードプレスに移行する方法!

sirius.wordpress

今回はシリウスからWordPressに移行するやり方について説明します。

移動するやり方複数ありますが、今回は僕が移行させたやり方で解説していきます。シリウスからWordPresへの移行がメインですが、htmlサイトからWordPressに移行したい方も参考になると思うので、ぜひ参考にしてみてください。

シリウスからワードプレスに移行するメリット

シリウスはとても優れたツールですが、GoogleがWordPressを高く評価していることもあって、最近移行したいと考えている方も多いようです。

テンプレートの種類も豊富ですし、見た目が洗練されていますね。最先端のウェブメディアは間違いなくワードプレスから生まれるでしょう。

また従来のhtmlサイトやシリウスでは手間がかかるようなことも、WordPressではプラグインを使って簡単にできてしまいます。

フェイスブックのOGP設定などはシリウスだと、とても時間がかかりますが、ワードプレスならあっという間にできますね。

ホームページのように、ほとんど更新されないウェブサイトならばシリウスの方が管理しやすいですが、定期的に更新されるようなメディアであるならば、早いうちにワードプレスに移行した方が得策かと思われます。

シリウスからワードプレスに移行する手順

結構な長旅になるので最初に手順だけ解説してしまいます。

[aside type=”boader”]
  1. 既存サイト(シリウス)のURLの下に【wp】というフォルダを作り、そこにWordPressをインストール
  2. インストールしたWordPressにシリウスの記事をコピペ(今回は手動で)
  3. 記事の移行が済んだら【wp】フォルダ(新サイト)のバックアップをとる(デスクトップなどローカル環境がベスト)
  4. サーバー上のシリウスのファイルを削除
  5. バックアップを取った【wp】内のファイルを再度アップロード(今度は既存のシリウスサイトのURL)
  6. 最後に置換ツールSearch and Replace for WordPress Databases Scriptをを使いhtmlからphpファイルに書き換える
  7. 完成!
[/aside]

1、既存のサイトの【wp】というフォルダを作りそこにWordPressをインストールします。ここで移行作業を行なっていきます。

[aside type=”normal”]

シリウスのサイトがhttp://test.comならhttp://test.com/wpにWordPressをインストールします。

インストール先はワードプレスをインストールする時に設定してください。

[/aside]

2、次に記事の移動やカテゴリー分けなど、新サイトを作っていきます。

[aside type=”normal”]記事の移行はMTポートを使ってもできますが、ワードプレスにインポートする場合は、文字コードをUTF8に書き換える必要があるので注意してください。今回記事の移行は手動で行います。[/aside]

3、WordPressへ移行が完了したら、【wpフォルダ】(新サイト)のバックアップをとります。デスクトップなどのローカルがいいでしょう。

4、サーバー上にあるシリウスのファイルを消します。

5、先ほどバックアップを取った【wp】のファイルを今度は既存のシリウスサイトのURLにアップロードします。

[aside type=”normal”]現在、移行したWordPressファイル(新サイト)はhttp://test.com/wpにある状態です。それを本来のhttp://test.comに戻してあげます。[/aside]

6、最後にSearch and Replace for WordPress Databases Scriptという書き換えツールを使ってphpファイルに書き換えます。

fanction.phpなどを書き換える必要がないので失敗しにくいと思います。

[aside type=”normal”]

※注意

こちらのスクリプトですが頻繁に仕様が変更になるので、まずはこちらのスクリプトがダウンロードできることを確認してから移行作業に取り掛かってください。

[/aside]

以上がシリウスからWordPressへ移行する流れです。ここからは詳しく説明していきますね。

注意点

必ずバックアップを取ってから行ってくださいね。

[aside type=”boader”]
  • 始める前にシリウスでバックアップを取る
  • ワードプレスに記事を移動した後バックアップを取る
[/aside]

作業が進んで行く過程でその都度バックアップを取っていくようにしてください。

シリウスのサイトURLの下にワードプレスをインストール

まずは既存サイト(シリウス)の下に【wp】というフォルダを作り、そのフォルダにワードプレスをインストールします。

インセプションで言う夢の第2階層的なものですね。記事の移動が終了後、元のURL、(第1階層)に戻します。

分かりにくいですね(笑)

具体的にはサイトURLがhttp://test.comならばhttp://test.com/wp

というように、新しくフォルダを作りワードプレスをインストールをします。

このURLにワードプレスをインストールしてワードプレス移行に向けて準備をしていきます。そして、最後に元のhttp://test.comに戻して完成となります。

[aside type=”normal”]※ワードプレスをインストール先は/wp出なくても良いですが、わかりやすいように/wpとしてください。[/aside]

それではワードプレスをインストールしていきましょう。

まずはXserverのコントローラーパネルにログインします。他のサーバーをお使いの方はサーバーごとの手順でワードプレスのインストールを行ってください。

設定対象ドメインから、ワードプレスに移行させるサイトのドメインを選択して、自動インストールをクリックします。

プログラムのインストールのタブを選択し、インストール設定をクリック。

[aside type=”boader”]
  • インストールURL・・・wpと入力
  • ブログ名・・・・・・・現在のサイト名
  • ユーザー名・・・・・・任意のユーザー名(推測されないもの)
  • パスワード・・・・・・任意のパスワード
  • メールアドレス・・・・お使いのメールアドレス(ワードプレス用のものがベスト)
  • データベース ・・・・・自動でデータベースを生成するにチェックを入れる
[/aside]

インストールをクリックで完了。

移行に向けてワードプレスの設定方法

続いて、移行に向けてインストールしたワードプレスの設定していきます。

ワードプレスをNoindexにしておく

まず、ワードプレスに記事を移動している間にインデックスされないように、一応Noindexにしておきます。

ダッシュボードから設定を選択し、表示設定をクリック。

検索エンジンでの表示という項目の【検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする】にチェックを入れて変更を保存をクリックします。

これで移行作業中に検索エンジンにインデックスされることが無くなります。

パーマリンクを変更

続いてパーマリンクの設定を行います。

[aside type=”boader”] http://test.com/カテゴリー名/エントリーページ名.html[/aside]

シリウスはカテゴリーに属しているエントリーページは上記のようなURLになりますので、シリウスと同じようにパーマリンクに合わせる必要があります。

wordpress

ダッシュボードから設定を選択しパーマリンク設定をクリックします。

カスタム構造を選択し、【/%category%/%postname%.html】と入力します。

WP No Category Baseをインストール

WordPressのカテゴリーページは設定したカテゴリー名の前にCategoryというスラッグが入ってまいURLが変わってしまいます。それを防ぐためにWP No Category Baseというプラグインでスラッグを揃えます。

例えば、appleというカテゴリーがあったとしたら、

[aside type=”boader”] http://test.com/category/apple/[/aside]

となってしまい、カテゴリーページには/categoryというスラッグが自動で入るようになっています。

これでは今のサイトとはURLが変わってしまって、好ましくないのでWP No Category Baseを使ってこの/categoryというスラッグを消してシリウスのカテゴリーページに揃えます。

プラグインの新規追加から、【WP No category Base】をインストールして、有効化しておきましょう。

これで/categoryを削除することができます。

シリウスのページに合わせてカテゴリーをつくる

続いてシリウスのカテゴリーページに合わせてカテゴリーを作っていきます。

シリウスのカテゴリーページ名をスラッグにしてください。

シリウスの設定

続いて、ワードプレスに移行する前にシリウスの設定をしておきましょう。

記事の整理

シリウスはドメイン直下にエントリーページを置くことができますが、ワードプレスでは必ずどこかのカテゴリーに入ります。

ドメイン直下のエントリーページは固定ページで作るしかなくなってしまいますので、できることなら、ワードプレスに移行する前にシリウスの方でカテゴリーに分けておいた方がいいです。

その際、URLが変わりSEOの効果が薄れてしまうかもしれませんが、固定ページはカテゴリー分けができません。

ユーザビリティを考えるとあらかじめ、カテゴリーに分けておいて方がいいと考えます。

シリウスの自動振り分け機能をオフにする

ワードプレスのテーマはレスポンシブデザイン対応です。シリウスもスマートフォンに対応しているのですが、システムが少し違います。

シリウスはスマホ用のPC用のサイトが別にあり、PCユーザーはPC用のサイトへ、スマホユーザーはスマホ用のサイトへと、振り分けられています。

シリウスでこのスマホの設定をそのままにしておくとワードプレスに移行した時に不具合が出るという情報もあるので、【振り分けない】に設定しておきましょう。

シリウス

シリウスのメニューからサイトオプションを選択します。

続いて、iPhone設定を選択し、自動振り分けの項目で【振り分けしない】をクリック。

OKをクリックし、設定完了です。

記事を移動する

いよいよ記事の移動ですが、今回は手動で行います。

記事はシリウスからコピぺでOKです。

ワードプレスのパーマリンク設定は完了しているので、シリウスの記事のエントリーページ名を入力して、パーマリンクを揃えましょう。

FTPソフトを使って移動する

FTPソフトを使って現在【wp】に入っているファイルを元のURLに移動させます。

この移動は画像ファイルも含み容量が大きくなるため。FTPソフトはFailzilaを使用してください。

ぼくはFFFTPで試したのですが、エラーがでてダメでした。Failzilなら安定して動作するので安心です。

まずローカル(デスクトップ)に新しくフォルダを作ります。そこにPublic_htmlにあるすべてのファイルコピーしてください。

[aside type=”normal”]このフォルダには現在シリウスのデータと【wp】フォルダ(ワードプレス)が入っている状態です。[/aside]

正しくコピーできていることを確認したら、【pulic.html】内のすべてのファイルを削除します。

[aside type=”normal”]念のためにwpフォルダは残しておいても構いません。[/aside]

続いて、先ほど新しく作ったフォルダから【wp】フォルダを選択して、その名にあるファイルをすべて【public.html】にコピーします。

[aside type=”normal”]これで、元のURLにシリウスのデータはなくなり、移行したワードプレスのデータになりました。[/aside]

ファイルをインストール

最後にhtmlからphpに書き換えるsearchreplacedb.phpというプログラムを使ってワードプレス化します。

まずはこちらからバージョン3.1.0をダウンロードしましょう。

2018/2/20追記


ファイルのダウンロードができないというコメントを頂いたので確認してみたところ、ダウンロードの方法が変わっていましたので、新しいやり方を記載しておきますね。

こちらからリンク先に飛んでいただくと、上記のような画面になりますので、【knowledge check】の項目すべてにチェックを入れます。

ちなみに・・項目の内容は

  • このスクリプトはにセキュリティ上のリスクがあることを承知いたします。
  • 使用後はこのスクリプトをサーバー内に残さないことを理解します。
  • 私がこれから実行することを理解してます。

となっています。

Nama・・・・名前

Email・・・・メールアドレス

を入力してSUBMITをクリックします。

すると、このような画面が表示され、先ほど入力したメールアドレスにメールが届いているので確認しましょう。

メールの中の【Search Replace DB v.3.1.0】をクリックしてダウンロードしてください。

もし3.1.0がうまく動作しないようでしたら、このメールから古いバージョンの2.1.0もダウンロードすることができます。


 

ダウンロードしたファイルを解凍しておきます。

続いてFileZilaを立ち上げ、先ほど解凍したフォルダ【Search-Replace-DB-master】をフォルダごと、public_htmlにアップロードします。

続いて、インターネットブラウザ(safariやgooglechrome)を立ち上げ、

[aside type=”boader”] シリウスサイトのURL/Search-Replace-DB-master/[/aside]

と入力します。

[aside type=”boader”]サイトURLがtest.comなら

test.com/Search-Replace-DB-master/となりますね。[/aside]

URLを入力すると、上記のような画面になります。

[aside type=”boader”]
  • replace・・・・【/wp】をつけたURL(test.com/wp)
  • with・・・・【/wp】を省いたURL(test.com)
[/aside]

と入力します。

[aside type=”normal”]

重要!!

ここではhttp://は省略したURLを入力してください。

[/aside]

URLが正しく入力されているか、確認し【live run】をクリックします。

最後に【delete me】をクリックして、この置換ツールを削除すれば完了です!

500 Internal errorが出てしまったら・・・?

これで完全にワードプレスに移行できているはずですが、500 Internal errorが発生してしまうことがあります。

僕はここでトップページ以外は500エラーが出てしまってかなり焦ったのですが、500エラーが出た場合は.htaccessに問題があるので、簡単に対処することができます。

.htaccess内に/wpの記述が残っていて、それが原因で500 internal error になっています。

.htaccessのバックアップを取り、メモ帳なので開いてみましょう。

  • RewriteBase/wp/
  • RewriteRule . /wp/index.php[L]

となっている場合にはこの赤字の部分を削除してください。

  • 『RewriteBase/wp/』→『RewriteBase/』
  • 『RewriteRule . /wp/index.php [L]』→『RewriteRule . /index.php [L]』

これで、500エラーが解消されます。

まとめ

シリウスからワードプレスに移行するは手間がかかる作業ですが、定期的に更新されるメディアならば、ワードプレスの方が適しているといえます。

ちなみにSEOの変化ですが、僕のサイトは記事が70記事ほどしかなくアクセスも少ないサイトだったので、ほとんど変化はありませんでした。

ノマドによる。ノマドのためのメルマガ。

  • ノマドライフに憧れる
  • 旅をしながら仕事をしたい
  • 自分らしいと思える働き方をしたい

500人以上に読まれているメルマガを配信してます。

これを読めばあなたも”ノマド”になれる

>500人以上に読まれているメルマガ。配信中。

500人以上に読まれているメルマガ。配信中。

みるみるうちに減っていく預金残高に恐怖を感じ働き詰めだった海外生活。海外でサバイブを経験して努力も成長もしたけど、「日本に帰ったあと自分のキャリアはしっかりと確立できるだろうか?」という不安。そんな不安を吹き飛ばしてくれたのは「ノマド」という働き方だった。僕がどうやってノマドとして生きていくきっかけを得たのか、ノマドビギナー時代はどうやって収入を得ていたのか?daikiの全てを綴ったストーリーがここに。

CTR IMG