ABOUTこの記事をかいた人

Daiki

世界を旅するブログ収益化コンサルタント。最近はVlogも撮ってます。 オウンドメディアNomad Avenueを運営、ブログ収益化コース「ブロガーズ・ハイ」を主催。 オーストラリアから帰国後に起業し、現在は海外ノマドとして日本と海外を行き来しながら働いています。グルメと旅をこよなく愛する左利き。

こんにちは、Daikiです。

香港韓国ロシアなど最近はアジアを中心に回っているのですが、

今僕はクアラルンプールに滞在していて、仕事しながら動画を撮ったり、カフェを回ったりしています。

というわけで僕のファーストインプレッションとして、マレーシア移住・長期滞在するメリットとデメリットをお話ししていきたいと思います。

僕が実際に住んでいる物件や現地のリアルな情報をお届けするので、ぜひ最後までご覧くださいね!!

✔︎こんな方にオススメの記事!!

マレーシアに移住したい

マレーシア移住のメリット・デメリットを知りたい

リアルな情報を知りたい!

マレーシア・クアラルンプールに移住するメリット

家賃がとにかく安い。

僕が滞在しているのは、ブキビッタンにあるコンドミニアムなのですが、こちらはAirbnbで一泊2440円です。もちろんジム付きプール付き。

ルーフトップには小さなカフェがあってここではブレックファーストやコーヒーが飲めます。

朝8時ごろから空いてるのが嬉しいんですよね。僕が毎朝通っていたらオーナーさんと仲良くなって、いつの間にか朝のコーヒーが無料になっていました。笑

しかもお代わりまでくれるという…

お部屋はこんな感じ。かなり快適です。

ただ少し気になったのは防音が日本と比べて弱いという事。

あとはキッチン回りにアリがいた事ですかね。

大量にいたわけでもないのでスルーしてますが、あまりにも湧いて出てくるようなら部屋を変えてもらったほうが良さそうです。

交通機関がとにかく安い

マレーシアはとにかく交通機関が安いので、移動費はかなり抑えることができますね。

移動はgrabが便利

東南アジアはGrab移動が主流ですがクアラルンプールもGrabがとても便利です。僕も毎日のようにGrabで移動してますがとにかく安い!

僕のコンドミニアムから街の中心部(KLCC)までだいたい車で10分くらいなのですが、260円くらいで行けます。

車で40、50分走っても大体1500円くらいなので、日本のタクシーよりもかなり安く乗ることができます。

普通のいわゆる流れタクシーもありますが、値段が交渉になったり高い値段をふっかけられる可能性があったりと何かとエネルギーを奪われるので移動はgrabでOK。

今の所は一度もタクシーを利用してませんが、grabだけ使っておけば問題ないです。

電車はもっと安い

クアラルンプールは電車もそれなりに発達していて、シティーにいれば電車移動でも特に問題ありません。

電車の初乗りは大体30円くらいで、長距離を移動しても6RM(150)円くらいなので、電車移動をすればかなり節約できます。

マレーシアは車社会ですが、KLCCなど都市部にいれば電車移動でも全然快適に過ごすことができますね。

野菜やお肉も安いから美味しい食材が安く手に入る

こちらは伊勢丹の野菜売り場。

マレーシアは新鮮なオーガニック野菜がリーズナブルに手に入ります。しかも日本ではあまりお目にかかれないような野菜も売っていてとにかくバリエーションが豊かなんですよね。

玉ねぎなんて100g40円くらいです。

日本ではあまり見ることのないチキン丸々一匹などもリーズナブルな値段で売ってます。

料理が美味しい。とにかく料理が美味しい。

マレーシアは中国系、マレー系、インド系の3つの民族で構成されています。つまり多民族国家なわけですね。だから色んな国のしかも本場の料理が食べれる!

これは日本ではなかなか体験できないことですね。

こちらマレーシアの定番の朝食ナシレマ( nasi lemak)です。ココナッツライスとピリッと辛いチキンが絶妙にマッチしていて最高に美味しいです。

こちらはmee kariというカレーヌードル。こちらもライムがさっぱりしていて、美味しかったですよ。

メニューはマレー語でした。ここのお店はフォトグラファーの方に教えてもらったのですが、マレーシア料理の名店です。KLにきたらぜひここで絶品のナシレマを食べてみてださい。

他のお店でもナシレマを食べましたが、ここのココナッツライスは風味が別格でした。チキンのスパイシーな感じも全品だと思います。

こちらはビーフヌードルの名店。ナシレマもそうですが、日本人は大好きな味です。

麺はビーフン、フォー、イエローヌードル(一般的な麺)の3種類から選べてしかもミックスすることができるのです。これ面白いですよね。

僕のオススメはフォーとイエローヌードルのミックス。幅広のフォーが入ることでソースとよく絡むのです。

そして日本だとスープに入っているものが一般的ですが、ここのオススメはセパレートでスープと、麺を別々にすること。こうすることでつけ麺のような食べ方でも楽しむことできるので、かなりオススメです。

お肉も半生の状態で柔らかくて美味しいです。

ローカルフード以外にもタイ料理、メキシカン、アラビア料理なども食べることができるし、イタリアンやフレンチなど、リストリアン的な高級店も最近はすごく流行ってます。

メルボルンを超えるかもしれない?と思うほどの食の街で僕は大好きな街にな入りました。

カフェがおしゃれ!

毎回おきまりのカフェ回りですが、クアラルンプールにも洗練されたカフェがたくさんあります。

こちらはVCRというカフェ。

こちらのトーストがすごく美味しかったです。

スモークサーモン、豆苗、そしてチリという組み合わせが面白いなと思いました。スモークサーモンがメインのトーストに辛味のアクセントってあんまりないですからね。これすごく美味しかった。

  • フラットホワイト
  • ブレックファーストのプレート
  • サーモンのトースト

これでだいたい1800円くらい。

なのでおしゃれなカフェはだいたい日本の7割くらいの値段ですね。ラテもだいたい250~300円くらいなので日本よりも若干安いかなと思います。

マレーシアはフルーツ天国だからドライフルーツが安い

こちらはデーツというナツメヤシを乾燥させたドライフルーツ。マレーシアはフルーツ天国なのでドライフルーツも安いし種類も豊富です。

デーツもイラン産やサウジアラビア産など日本ではなかなかお目にかかれないものもありました。

ノマド生活をしているとふとした時に甘いものが食べたくなるんですよ。そうい時にドライフルーツがあると栄養もあるのでこっちきてからは定期的に買うようにしています。

個人的にはイラン産のデーツが甘さもあってオススメ。

foodpandaとgrabfood便利すぎる

日本でフードデリバリーサービスといえばubereatsですが、マレーシアは

  • grabfood
  • foodpanda

が主流です。

先ほどもお話ししましたが、マレーシアは色々な国の料理が食べれるので、grabfoodなどを利用しても種類が豊富です。

どっちが使いやすいかということですが、個人的にはgrabfoodがおすすめ。

foodpandaは料理の写真が無いことがあったりと使いにくい部分があったんですがその辺はgrabfoodが使いやすいなと思いました。

人がすごくフレンドリーですごく親切。

マレーシアの人はとにかくフレンドリーですごく親切です。僕も色々な国に行ってますが、ここまでフレンドリーな国はあんまり無いかなって感じます。

相席になった人とすぐに友達になったり、エレベーターで乗り合わせた人とたわいもない話をしたり。こっちきてか10人くらいは連絡先交換しましたからね。

とにかくマレーシアの人は喋るのが好きなんです。だからこっちも自然と話しかけるようになるし、人とコミュニケーションをとることって楽しいなって思わせてくれます。

バリスタさん、仲良くなって彼の休憩中ずっと喋ってました。

多民族国家なので、異文化に触れることができる。

マレーシアはイスラムの国ということもあって、インドネシアや中東などイスラム圏の人たちも多く住んでいます。だから多種多様な民族や異文化に触れることができるわけですね。

先ほども触れましたがマレーシアは、

  • 中華系
  • マレー系
  • インド・パキスタン

という民族構成になっています。この3つの民族がお互いを尊重し、助け合いながらこのマレーシアという国を成り立たせているんです。

grabに乗っていると色々なドライバーの方が「マレーシアにはこの3つの民族がいるんだ!」って教えてくれます。

彼らにとって、民族が違くても、肌の色が違くても、価値観が違っても、お互いをリスペクトしてこのマレーシアという国を作ってきたということが誇りなんだなと思いました。

アザーンというイスラムのお祈りの時間を知らせる合図が町中に鳴り響くのもマレーシアがイスラムの国だということを感じさせてくれます。

最近ではダイバーシティーという言葉も注目されますが、「異文化を知ること」や「違って当たり前という価値観が根付いているかどうか?」という観点で見るとやはり日本はまだまだなんだと思います。

だからこそ、こうやって多民族が当たり前のように共存している国で暮らすことは大きな意味がありますし、世界を知る第一歩になると思ってます。

マレーシアは英語も通じますし、英語教育という意味でも子育てをマレーシアで考えている方も多いと思います。

英語も大事ですがそれ以前に、

  • 人は違って当たり前だということ
  • 異文化知り、リスペクトすること

こういう価値観を子供の頃から育てることができることこそ本当に価値があることなんだと思います。

マレーシアに移住するデメリット

続いてデメリットをお話ししていきます。

ヘイズが来る

ヘイズというのは「もや」のようなもので、日本でいうPM2.5がのようなものですね。

このヘイズが9月、10月あたりにインドネシアからやってきます。意外かもしれませんが世界で一番大気汚染が進んでいる国はインドネシアなんですよ。

今はヘイズの時期では無いですがそれでも空気は少し濁っている印象。日本の方が爽やかな気がします。

長期滞在や移住をすると大気汚染がどう影響するのかは考えた方がいいのかなと思います。

あとはマレーシアに降る雨は酸性雨なのであまり濡れない方がいいと現地の友人が言っていました。

今はモンスーンの時期で雨も降りますがフード付きのレインジャケットなどを来て雨には極力濡れないようにした方が無難ですね。

事故率が上がる?

これはマレーシアに限った話では無いですが、運転が荒い(KLはまだマシな方だと思うけど。)ということは事故に繋がる率が高いんじゃないか?という結論に行き着きます。別に数字を見たわけでは無いのであくまで予想ですが、

道端に事故って廃車になった車が放置されてる様子を見ると事故も頻発してるのかなともいます。

治安を機にする人は多いですが、事故率ってあまり気にしないですよね。マレーシアで暮らすとgrab移動が多くなり車になる率も高くなるので移住するならその辺も考えた方がいいかなと思いました。

クアラルンプールは最高だった。

メリットデメリット色々見てきましたが、僕はクアラルンプール大好きです。

デメリットも特に見当たらないし、あとはトイレには慣れが必要かなと思ったくらいでかなり快適に暮らせるなと思いました。

僕はとにかく食を大事にしてますが、食文化が発達している国というのは総じて暮らしやすい環境が整っているものなんですよね。

それに街全体から活気が溢れている。それを強く感じることができます。

今勢いに乗って国ってこんなに生き生きとしてるのかな?って思える。異文化に触れながらライブリーな暮らしができる素敵な街。それがクアラルンプールです。

Daiki

僕は今、日本でも海外でも場所を固定することのない働き方を実現しています。シゴト道具はもちろん、ップトップ1台だけ。

でも最初はこんな働き方ができるなんて全く考えていませんでした。

僕がこんな働き方ができているのは、「今までの経験や経歴、好きなことを統合させる働き方」を目指したからです。

あなたにも今ままでの人生で何かに没頭したり頑張ったことがあるでしょう。

そういう経験を余すことなくビジネスに転換できれば人生が豊かになる働き方ができるようになります。

僕がなぜ自由な暮らしをしているのか、お金の心配をせずに自分が好きだと思えるライフスタイルを送ることができているのか?

ご興味がある方はよかったらプロフィールをご覧になってくださいね!!

WEBを活用したビジネスの作り方を配信するDaikiのメルマガはこちら!

「ブログで収入を得てみたい」

「場所を固定しない働き方を実現したい」

「海外を飛び回りながら収入を得てみたい」

僕と同じような夢を持った仲間が集まるメルマガコミュニティが誕生しました!!

・確定報酬20万円を稼ぐブログメディアの作り方!

・ノマドフリーランスとして毎月20万円を稼ぐ秘密!

・月間48万PVを達成するブログ構築術!

僕がゼロからブログメディアを立ち上げ月収20万円を稼ぐまでの道のりやWEBを使ったビジネスの作り方など、面白くて学び溢れるメルマガを配信しています。

自分で言うのもなんですが、かなり濃密な内容となってるのでぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Daiki

世界を旅するブログ収益化コンサルタント。最近はVlogも撮ってます。 オウンドメディアNomad Avenueを運営、ブログ収益化コース「ブロガーズ・ハイ」を主催。 オーストラリアから帰国後に起業し、現在は海外ノマドとして日本と海外を行き来しながら働いています。グルメと旅をこよなく愛する左利き。