アイキャッチの設定方法と作り方。あと僕なりのアイキャッチの考え方

こんにちは、Daikiです。

今日はアイキャッチ画像についてお話ししていきたいと思います。アイキャッチとはこの上にある画像のこと。↑

このnoamd avenueはアイキャッチ画像にはこだわっていて、なるべく無料の画像は使わずに僕が撮影したメルボルンの画像を使っています。

そちらの方がオリジナリティも出るし僕のブログの世界観も一緒に感じてもらえるからです。

僕はアイキャッチってすごく大事だと思っているのですが、運営していくブログによってはそこまで重要視しなくていい場合もあります。

今日はそんな僕のアイキャッチについての考え方もお話ししていくので、参考にしてみてください。

「読みたい!」ところからどうぞ!

アイキャッチ画像の設定方法

まずは右下の【アイキャッチ画像を設定】をクリックします。

すると、このような画面になるので、アイキャッチに設定したい画像をドラッグ&ドロップします。

読み込んだ画像を選択して、右下の【アイキャッチ画像を設定】をクリックし完成です。

プレビューで確認するとこのように表示されています。

アイキャッチを設定するときのポイント

オシャレな画像にすること

アイキャッチはブログを読む人が最初に目にする場所です。「記事の顔」です。そして読者はそのアイキャッチを見てなんとなくその記事やブログの雰囲気を頭の中でイメージしています。

イケてない画像が記事のトップに表示されていたら、記事の内容も「微妙なのかな〜っ」て思ってしまいますよね。

人は見た目が9割という書籍もありますが、見た目というのはとても大事なものですので、なるべく綺麗でオシャレな画像を使うようにしましょう。

こちらでは無料で使えてクオリティの高い画像がダウンロードできるサイトをまとめてあるので参考にしてみてください。

中でもunsplashというサイトは使いやすいUIで画像の種類も多いのでおすすめです。

記事の内容とリンクした画像にする。

繰り返しになりますが、アイキャッチは読者が最初に目にするパートになりますので、アイキャッチと記事の内容がリンクしていることが望ましいですね。

全く関係ない画像をアイキャッチにしてしまうと、チグハグな印象を与えてしまうので関連性を意識しながら画像を選ぶことが大切です。

ちなみに!

このNomad Avenueはブログの世界観を大切にしているので、記事の関連性よりもブログのイメージに合わせてアイキャッチを選ぶようにしています。

矛盾したように聞こえるかもしれませんが、記事との関連性がない画像でもブログのコンセプトに沿った画像を選んでいけば、自然と一体感が出てきます。

何がいいたいかといいますと、

  • 記事の内容に合わせてアイキャッチを選ぶ
  • ブログのコンセプトに合わせたアイキャッチを選ぶ

この二つのどちらかを意識してアイキャッチを選ぶと「いい感じ」になります。

この辺りは、繊細な部分でもあるので、またnoteか何かでお話ししていきますね。

自作してオリジナリティをだす。

無料で使える画像は多くのブログでも使われているので、読者に「またこれか感」を与えてしまいます。なので、できるだけ画像を加工をしたり、文字を入れるなどをして、オリジナリティを出していきましょう。

僕がアイキャッチを作るときにいつも使用しているのが、「canva」というサイト。

このように文字入れも、画像の加工も簡単にできるので、おすすめです。

文字を入れて「読ませる」アイキャッチにする

僕はやっていないのですが、アイキャッチに大きく文字を入れて、「読ませる」アイキャッチにすることも有効ですね。

読者の目はタイトルよりも画像に行くので、アイキャッチに記事タイトルを入れてあげるとより印象に残りやすいアイキャッチになります。

アイキャッチにこだわると時間がかかる。

ここまでアイキャッチはなるべくオリジナリティを重視して、しっかりと作ったほうがいいとお話ししてきました。

トップページを見たときに、アイキャッチがブログで使われている画像の中で一番大きな面積を占めています。つまりアイキャッチがそのブログのイメージを決めているとも言えるのです。

なので、アイキャッチがダサかったらダサいサイトになるし、オリジナリティがあるアイキャッチを使えば他のサイトとは差別化が図れます。

しかし、一つ問題がありまして、

アイキャッチにこだわると時間がどんどん過ぎていきます。

本当に「なんかしっくりこないな〜」って思いながら探していると平気え30分くらい経ってしまうんですよね。なのであまりこだわらずにサクッと決めることも大事になってきます。

なぜならアイキャッチが直接アクセスや成約率に繋がることは少ないので、本来はそこに力を使うべきかではないからです。

ただ、僕で言えばこのnoamd avenueのように自分の顔、自分そのものを表現するようなメディアの場合はこだわって作ってもいいと思ってます。

何がいいたいかといいますと、アイキャッチにかける時間はそのメディアの重要度によって変えたほうがいいということ。

例えばトレンドブログのような媒体なら、それほどこだわる必要もないですよね。アフィリエイトサイトでもこだわり抜かれたアイキャッチは必要ないでしょう。

でも自分が愛着を持って育てているメディアならば、こだわりを持ってアイキャッチを作って上げることは大切だと思ってます。

アイキャッチのこだわり具合はメディアの重要度で決めてみてください。

 

 

 

 

 

*Yahoo,Gmailでご登録お願いします

この記事を書いた人

世界を旅するブログ収益化コンサルタント。/少人数限定ブログ収益化コース【Blogger’s High】主催。ブログで月10万円~50万円の収入を得る次世代ノマドを続々と輩出中。元イタリアンシェフ→

メルボルン留学→海外ノマド→稼ぐ”ノマド"になるためのコンサルティング。2019年はアジア中心に【5カ国】回りました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読みたい!」ところからどうぞ!
閉じる