【VLOGとは?】Youtubeとの違いを具体的に説明してみた

こんにちは、Daikiです。

今日は最近日本でも流行の兆しを見せているVLOGについてお話していきたいと思います。

VLOGのことについて知りたい人

今後動画コンテンツを作っていきたいと思っている方

そんな方にも楽しんでもらえるような記事になっているので、どうぞ楽しみながら読み進めてみてください。

【初心者向け】低予算で本格的なVLOGを撮るおすすめカメラ・機材を紹介

2019.05.20

日本でも流行の兆しを見せるVLOGとは?

最近は日本でも流行りだしきていて色々なところでVLOGの定義をされています

VLOGとはVideoとBLOGを掛け合わせた言葉で読み方は日本語だと(ブイログ)英語だと(ヴィーログ)ですね。

スマートフォンでも手軽で高画質な映像が取れるようになったことや今後5Gが導入されることもあって、今後爆発的な流行りを見せるジャンルとして注目を集めています。

VLOGの特徴

VLOGは主に旅先での出来事を動画で収めたものや最近爆発的に流行ったモーニングルーティンなど自分の日々のルーティンをう映像化したものなど、

生活感を感じさせるような動画であることが多いです。

僕なりにVLOGの特徴を定義すると、

 

  • スタイリッシュな映像
  • 洗練された音楽
  • 日常感
  • 憧れの対象

の4つになります。

それでは1つずつ見ていきたいと思います。

VLOGは何と言ってもスタイリッシュな映像!!

まずVloggerが作り出す映像はスタイリッシュなものが多いです。

海外の映像をコンテンツを見るとcinematic(シネマティック)という単語がよく使われていますが、映画のワンシーンのような手の込んだ編集がされている動画コンテンツが多いのが特徴です。

vloggerのパイオニア的存在である、Casey Neistat(ケイシー・ナイスタッド)の独特な映像はすごく人気があって日本人の映像クリエイターでも彼のファンを公言している人はすごく多いですね。

こちらは僕が初めてCasey Neistat(ケイシー・ナイスタッド)の存在を知ることになった動画でもあり、Casey Neistat(ケイシー・ナイスタッド)史上最も再生された動画。

エミレーツのファーストクラスに乗ってみたという動画なのですが、動画再生回数はなんと6500万回を超えています。

映像と映像のつなぎ目が上手くて、視聴者を飽きさせない映画を見ているように引き込まれていく編集が素晴らしくて何度見てもあきません。

洗練された音楽が映像を引き立たせる!

VLOGに欠かせないのは音楽。映像そのもの大事ですが、動画コンテンツの良し悪しは音楽で決まるといってもいいくらい音楽は重要なものです。

こちらは僕がお気に入りのAndy to

シネマティックな映像編集もさることながら、音楽のクオリティも高く映像と音楽のマッチングがより映像美を引き立たせていますね。

こちらは僕がよく利用しているサイト。素材のクオリティも高いですし、数も多いのでオススメです。

残念ながらフリーではないのですが、使いやすいのでオススメです。

親近感が湧くような「日常感」

vlogのクリエイターたちが作る映像は洗練されたものが多いですが、ただカッコイイ映像というわけではなくて、どことなく日常感を感じることができるのもVLOGの魅力だと僕は感じています。

こちらは韓国でもブームになり、20代女性の間でバズったモーニングルーティン。

誰にでも毎日訪れる「朝」を切り取り、朝の身支度や朝食など何気ない日常を、オシャレな動画に仕上げていますよね。

このように、オシャレさ、洗練された映像の中でも安心感のあるような動画がVLOGには求められているのかなと個人的には考えています。

「憧れの象徴」もVLOGでは大事な要素です

そして最後に僕が大事だと思うことは、「憧れの象徴となるような動画である」ということ。

映像を見た視聴者が「こんな生活をしてみたい!」「こんな日常を送ってみたい!」と思ってもらえる動画であることが大事だと考えています。

お金持ちであることをアピールしたり、贅沢な食事を紹介するような「見せつけ」ではなくて、日常生活の中で見つけたちょっとした幸せだったり、

そんな共感性の延長にあるような「憧れ」を感じることができる動画が、必要不可欠な要素だと僕は感じています。

先ほど例に出したモーニングルーティンも、「こんな朝を過ごせたらワクワクする1日を過ごせそう」そんな風に思わせてくれる動画になっていますよね。

VLOGとYoutubeの違いはなに?

VLOGの特徴を4つあげてみましたが、じゃあYoutuberとは何が違うのかを少しお話ししてみたいと思います。

  • 「○○してみた!」のような企画ものの動画作り
  • テレビのバラエティ番組のようなエンターテイメント性

Youtuberはこのような要素が強いと思います。

例えば日本を代表するYouuberであるヒカキンさんはの動画は、商品レビューや、ドッキリなど企画ものがメイン。

屋外へ出てたり、旅先での自撮り動画の投稿はほとんどありません。はじめしゃちょーさんも企画ものの最たるものだと思います。

編集はテレビのバラエティ番組のようなものが多いイメージです。

あるいは個別具体的な目的のある動画であることが多いですね。

例えば、登録者数が200万人を超える気まぐれクックさんは「魚をさばくこと」に特化したチャンネルとなっています。

Youtuberそれぞれの特色はあるので一概に定義することは難しいですが、Youtuber色が強くなる傾向としては、

  • ○○してみた系やドッキリなど企画ものなどのエンタメ性が強いもの
  • 気まぐれクックのような何かに特化したチャンネル運営

という感じだと思ってます。

一方VLOGの方は、旅先での記録や日常のワンシーンを切り取ったものなど、どちらかというと、ゆるい動画というイメージですね。

僕が好きでよく拝見させていただいているdrikinさんは、サンフランシスコの風景をGoProの映像とともに配信しています。

こちらはVloggerとYoutuberを僕なりの分布図に表してみたものです。

かなりざっくりしていますし、動画の内容やここでは出していないyoutuberもいるので、はっきりと棲み分けることは難しいですが、

Youtuber勢はテレビのバラエティー番組的な動画作り、vloggerは映画やドキュメンタリー番組的な動画作りだと思っていただければわかりやすいかなと思います。

あとはサンセットスタジオのようにカメラや映像系がメインのyoutuberはvlogger的な要素もかなり含んでいるなと思いました。

僕が虜になったVlogger

僕がいつも拝見させていただいているVloggerさんたちをご紹介したいと思います。

Casey Neistat

先ほども紹介させていただいた。ケイシーナイスタッド。チャンネル登録者数は1000万人を超えていて、まさにvloggerのカリスマ的存在ですね。

彼が動画撮影に使用しているカメラ、パナソニックGH5にゴリラポッドという三脚を使った撮影スタイルを広めたのも彼。

クールとファニーが共存した動画メイキングほんと素敵で、そのセンスには驚かされるばかりです。

fun for Luis

fun for Luisはアドベンチャー要素が強いVlogを配信しています。

世界中を旅しながら配信されている動画は

イギリス訛りの英語を聴きたくなったら彼の動画を見てます。

 

Andy to

こちらも先ほど紹介させていただいたAndy to。

ニューヨーク在住だからなのか、都会的で洗練された映像作品は勉強にることばかりです。

vloggerの中でもシネマティック映像を撮る方で、ドローンの空撮やスローモーション、逆再生など数多くのテクニックが盛り込まれているので観ているだけでも勉強になりますね。

Leo Tohyama

バンクーバー在住のLoe Tohyamaさんはバンクーバーの留学情報や現地での生活を動画を通して発信されています。

親のあるLeoさんの話し方が観ていてとても引き込まれますし、物事のロジカル的な分析やススメのガジェットの紹介なども非常に為になります。

Drikin

サンフランシスコ在住のDrikinさんはカメラファンに絶大な支持を得ていますね。日本では発売されていないガジェットなども知ることができますし、ガジェット好きにはたまらないチャンネルだと思います。

中でも僕が好きなのはDri散歩。

サンフランシスコの美しい街並みは観ていて楽しいですし、「こんな風にのんびりと動画を撮りながら出社できたら楽しいよな〜」って思わせてくれる動画となってます。

カラーグレーディングなど動画編集の仕方もめちゃくちゃ勉強になるので、これから動画製作を始めたい人は必見です。

Vlogを作ってみよう!

今回ご紹介させていただいたVloggerたちはみなさんプロフェッショナル。ここまでハイクオリティの動画を初めから作るのはかなり難しいですよね。

なので、最初は1分くらいの短い動画を作ってみましょう。

こちらは僕が初めて製作した動画になります。VLOGではありませんが、こんなテイストのVLOGが作れたらかっこいいなと思って作ってみました。

これくらいの尺なら素材もそれほど必要ないですし、作りやすいかなと思います。VLOGの作り方動画はまた改めて解説していきますね。

僕が動画撮影に使用しているカメラや機材はこちらからご覧ください!

【初心者向け】低予算で本格的なVLOGを撮るおすすめカメラ・機材を紹介

2019.05.20
Daiki

僕は今、日本でも海外でも場所を固定することのない働き方を実現しています。シゴト道具はもちろん、ップトップ1台だけ。

でも最初はこんな働き方ができるなんて全く考えていませんでした。

僕がこんな働き方ができているのは、「今までの経験や経歴、好きなことを統合させる働き方」を目指したからです。

あなたにも今ままでの人生で何かに没頭したり頑張ったことがあるでしょう。

そういう経験を余すことなくビジネスに転換できれば人生が豊かになる働き方ができるようになります。

僕がなぜ自由な暮らしをしているのか、お金の心配をせずに自分が好きだと思えるライフスタイルを送ることができているのか?

ご興味がある方はよかったらプロフィールをご覧になってくださいね!!

WEBを活用したビジネスの作り方を配信するDaikiのメルマガはこちら!

「ブログで収入を得てみたい」

「場所を固定しない働き方を実現したい」

「海外を飛び回りながら収入を得てみたい」

僕と同じような夢を持った仲間が集まるメルマガコミュニティが誕生しました!!

・確定報酬20万円を稼ぐブログメディアの作り方!

・ノマドフリーランスとして毎月20万円を稼ぐ秘密!

・月間48万PVを達成するブログ構築術!

僕がゼロからブログメディアを立ち上げ月収20万円を稼ぐまでの道のりやWEBを使ったビジネスの作り方など、面白くて学び溢れるメルマガを配信しています。

自分で言うのもなんですが、かなり濃密な内容となってるのでぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Daiki

WEBマーケター、ブログコサンルタント。 オウンドメディアNomad Avenueを運営する傍ら複数のブログを運営し1ブログで月間48PV/アドセンス収益は月収21万円を記録。 オーストラリアから帰国後に起業し、現在はブログの収益化メインにコンサルタントとしても活動中。 グルメと旅をこよなく愛する左利き。