実は危険!?トレンドアフィリエイトで絶対に使ってはいけないNGワード

要注意!トレンドアフィリエイトで使っていはいけないNG画像!ではグーグルからペナルティを受けるNG画像についてお話しましたが、今回はNGワードについてお伝えしていきたいと思います。

グーグルでは画像と同様にNGワードというものがあり、違反すればペナルティを受ける可能性もあります。

画像以上にNGとセーフゾーンの判断が難しいですが、基本的にはアドセンスポリシーに引っかかるような内容はNGとなっていますのでもう一度用確認してみるといいでしょう。

  1. アダルトな内容
  2. タバコ・喫煙
  3. アルコール・酒
  4. 人の死に関する話題
  5. 薬物関係

このような内容はグレーな部分が多く、皮肉にもトレンドアフィリエイトでは大きなアクセスを集めそうなものばかりですが、こういったネタを扱う際には十分に注意しておく必要があります。

性的な内容

まずは性的な単語ですね。性的な内容はアドセンスが最も厳しくとりしまっていジャンルです。

子供の前では口にできないようは単語は全てアウトですので、使用しないようにしましょう。

また直接NGキーワードが使われていなくても18禁になるような映画の感想などはグレーな部分が多いので、できるだけやめておいた方が無難です。

 

  • 直接的ではなく遠回しな表現する
  • タイトル、見出しにグレーなキーワードは含めない
  • キーワードの出現率を低くするように意識する

もし、グレーかな・・・?と思うキーワードを使う場合は上記のことに注意してみてください。

同様に、性的なものを連想させるキーワードも同様に注意が必要です。例えば【水着】という単語もやめておいた方がいいですね。

これは僕が実際に起きたことなのですが【カップ画像】というキーワードを使ったところ、その記事だけ広告が表示されないという無言の警告を受けたことがありました。

おそらく、【カップ】だけではコーヒーカップやマグカップのように、コップという意味とも取れるので、NGにはなりませんが、【画像】と組み合わさったことで、性的なものだとグーグルが判断したのでしょう。

僕はほとんど【カップ】という単語を使用したことがなかったのですが、それでも無言の警告を受けたということはかなり際どいキーワードだということが言えます。

喫煙・飲酒

こちらも基本的にNG。特に未成年者の喫煙や飲酒についての記事は書かないようにしましょう。

プログラムポリシーを読むと、タバコ、酒の販売や宣伝目的がNGとありますが、お酒やタバコの話題がメインテーマとなるような記事は書かない方がいいですね。

禁煙を目的とした内容ならOKということですが、トレントブログでは書くことはまありないでしょう。

僕は【喫煙、飲酒】というキーワードは使わないようにしていて、【バー、居酒屋。お酒】というキーワードは使っています。

事件・事故など人の死に関する話題

事件、事故関係の記事というのは大きなアクセスを集めることもできるので、トレンドアフィリエイトではネタにたいところですが、人の死に関する内容はデリケートなので、記事にしない方が無難です。

グレーなキーワードも多く含まれますし、内容的にもアドセンス違反となる可能性が高いです。

くれぐれも、このようなネタを扱うときは直接的な表現を避け、【死亡】なら、【○○が亡くなった】という表現に変えて、遠回しに言い換えるようにしましょう。

  1. ○○事件
  2. ○○事故
  3. 死亡
  4. 自殺
  5. 殺人

このようなキーワードがタイトルに入るの非常に危険です。

薬物関係

芸能人の薬物疑惑は大きな話題になるので、アクセスを集めやすいネタではありますが、こちらも事件・事故関係と同様、グレーな部分が多いですね。

【麻薬】【薬物の具体的な名前】は微妙なので、使わない方がいいです。

【薬物】という表現なら僕も使用したことがありますが、ペナルティは受けていないようです。

最後に

グーグルが定めるNGのラインという不明確なので、何がNGで、何がセーフなのかわかりにくいですが、画像と同様に【疑わしきは使用せず】ということを徹底するのが間違い無いですね。

わからないキーワードは使わない方がいいですし、記事のネタにもしない方が安全です。わざわざ危ない橋を渡る必要もないですから。

グーグルのNGワードか選別するフィルターではセーフだったとしても、目視のチェックでアウトという可能性もあるので、NGワードだけではなくて、記事の内容にも注意しておく必要がありますね。

要注意!トレンドアフィリエイトで使っていはいけないNG画像!

2017.04.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です