「今」を生きる。この瞬間を感じよう。

こんばんは、

新年も明けて4日目ということで、
今日から仕事始めの方も多いかも
しれませんが、

2020年はあなたにとって
どんな1年だったでしょうか?

コロナのパンデミックが発生したりと、
社会的にも時代の節目となるような年
だったことは間違いないと思いますが、


僕は間違いなく、
「仕事の年」でした。

収入面では独自商品の販売で
初めて月収100万円を超えたり、

人生で初めてKFUという
少人数制コミュニティを募集したり、

コロナで海外に行けない分
仕事にフォーカスした年になりました。


コミュニティの方はまだ、
始まって1ヶ月も経っていないですが、

ゼロイチを突破するメンバーたちは、
1月中旬のアドセンス審査通過を目指して
記事執筆を外注化したりと、

計画的に動かれていて、
ほんっと素晴らしいなと思いますね。

今月末には外部講師の方お招きした
ウェビナーの開催や、

上位コースのメンバーとは
情報発信やマーケティングをガッツリ学ぶ
勉強会など実施する予定でして、

僕自身すごく楽しみにしております!!

「読みたい!」ところからどうぞ!

「今」にフォーカスしよう



さて、

2021年最初のメルマガということで、
皆さんに何をお伝えしようかなと、
PCの前で考えていたんですけど、

年末に心理学を学ばせて頂いている
臨床心理士の先生からお聞きした話で
印象に残っているものがあったので、
今日はその話をしたいなと思います。


現代人は「今この瞬間」に
フォーカスできていない人が多いんだそうです。

「今」にフォーカスできていないと
どうなるかというと、

 

  • 集中力が落ちる
  • やる気が出な
  • 精神的な余裕がなくなる


とまあ現代人あるある
な状況になっていくわけですが、


現代人が「今」に集中
できない理由の1つは
情報量の多さですね。

あなたは既に
聞いたことがあるかもしれませんが、
一説には現代人が1日に受け取る情報は
平安時代を生きた人間の一生分だとも
言われています。


ネットやSNSから
無意識のうちに膨大な情報を受け取り、

いつしか他人の価値観や基準を
自分に当てはめてしまっている。


だからスマホを開いて、
様々な情報を目にするたびに
自分と比較してしまって、

自分の過去の出来事を
引っ張り出してきて、
自信が無くなったり、

将来について考えすぎて
不安になったり、


地に足がついていない
状態になってしまします。


もちろんSNSやネットの情報って
上手く使えばこれほど
有益なものはないですし、

学びや気づきを得たり
スキルアップのために
活用できるものはどんどん
使った方がいいんですけど、

現代人のライフスタイルや
価値観、習慣的なことも含めて
総合的に考えると、

「今ココロ此処ニアラズ」

な状態になりやすい
ということですね。


だから僕らはもっと
「今」を大事にしても
いいなじゃないかなと思うんです。

自分が取り組んでいる事や
この瞬間に目を向けてみる。


「あ、今ワクワクしてるな…」

とか、

楽しいとか、気分がいいとか、
悲しいとか、辛いとか、

そういう自分の感情にもっと
目を向けてあげるべきだと思うんですよね。


僕は海外に行ける働き方を
したかったので場所に縛られない
今の働き方にたどり着いたわけですけど、


その出発点って外国の写真を見たり、
話を聞いたりすると異様なまでに
ワクワクしていたことでした。

だから自分は、
海外に興味があるんだろうな。
ということをなんとなく感じていて、

「でもそのためには、
お金も必要だよな…」

とか、

「仕事を通じて海外と接点がないと、
ダメなんじゃないか?」

とか、

その理想を実現する方法は
全く分からなかったけど、

自分が進みたい方向とか、
求めているものは見えていました。


そうやって、

その時の自分の感情とか気持ちを
認識できて初めて

進みたい道とか自分の理想が
見えてくるものだと思ってます。


だから、

「今にフォーカスする」って、
大切なんですよ。


今にフォーカスするということは、

自分の感情に目を向けることであり、
自分の感情に目を向けるということは、
自分が幸せを感じる状態を知るということ。


そして、

自分が幸せを感じる状態を知ることは
「自分が人生を通してどうありたいか」
を知るということ。

なんじゃないかな。


この「自分がどうありたいか」
を知ることがすごく大事だと僕は思っていて、

似たような言葉に、
「何をしたいか?」

というものがあります。


やりたいことが見つからない、
何をしていいかわからない、

という人は特にミレニアル世代には
多いんですけど、


多くの人は、
「仕事で何をしたいか」は、
一生懸命考えますよね。



でも僕はフリーランスとして、

ブログで収入を得たり、
他のメディアで記事を書いたり、
コンサルしたり、
コミュニティを運営したり、

色々やってますけど、

「何をするか」って、
その時のスキルや状況、
周りの仲間などの環境によって
変わっていくし、

正直に言えば、
気分によっても変わってくる。

だから「仕事で何をするか」って
そこまで重要ではないと思ってます。


このメルマガを書くにあたって、

ビジネスを始めた時に
僕は何を求めていたのか改めて
考えてみたんですけど、

 

  • 広い世界で生きれる
  • 専門性のある仕事ができてる
  • 経済的に余裕がある
  • 普通の人生はちょっとやだ

やっぱり「仕事でこれがしたい」
っていう明確なものは無かったです。


でも仕事を通して「どうありたいか」
というのは明確にあって、


仕事を通して先ほどあげたような
自分になれたらカッコイイなと思っていたので、

一番可能性がありそうなブログ
という選択をしました。


だから逆にいえば、

僕が理想とする状態さえ実現できれば
別にブログじゃなくても、
起業しなくてもよかった。


ただ、

 

  • 場所に縛られない働き方ができる
  • 経済的な余裕は欲しい
  • 精神的な充実感を感じてる
  • 時代に合った仕事をしてる
  • 自分の生き方が収入に繋がる



というように、
自分の理想的な状態を
ワガママ言って羅列してみると、

やっぱりブログやマーケティングの
知識とかスキルって絶対あった
方がいいわけなんですよね。


いまの仕事って
僕の理想を叶えるための条件を
100%満たしているので、

やっぱりこの仕事を選んでよかったと思うし、

当時の僕はなかなかセンスあると
我ながら思います。笑。

 

  • そろばん
  • パソコン
  • 英語


少なからずその時代において、
身につけて方がいいスキルや知識
というものはあって、

いまの時代なら、
ブログを始めとするWEB集客や
マーケティングがそう。

でもその出発点は「何をするか」
じゃなくてあくまで「どうありたいか」
を実現するためのもなんですよね。



コミュニティメンバーに
本間さんという方がいらっしゃるのですが、


彼は、

「ノマドワーカーとして働きたい」

「身につけたWEBスキルを使って
友人のビジネスに協力できるようになりたい」


という目標を掲げて、
ブログに取り組まれています。

これってまさに仕事を通じて
「自分がどうありたいか」ですよね。

彼もブログを書きたくて
ブログを始めたわけではなくて、

本間さんがイメージする
将来の理想像を実現するための手段として
ブログを選ばれたわけです。


まずは自分の理想的な状態、
「仕事を通してどうなっていたいか?」
という部分を考えてみて、

そこから逆算して
いまの自分に足りないものを学んでいく。


本間さんならばそれは、

ブログでどこでも
安定収入を得られるスキルだったり、

WEB集客やマーケティング
といったスキルだと言えるわけですが、

そうやって理想的な自分から見て
欠けているスキルや知識を身につけていけば、
少なからず理想を叶えることはできます。


あなたは、

「やりたいこと探し」
に躍起になっていませんか?

もしそういう状態になっていたら、
一旦フラットになって、

自分の理想を叶えられそうなことに、
どんどんチャレンジしていけばいい。


最初は自分が向いているかどうか、
センスがあるかどうかは分からないものです。


僕も今でこそ、
ライティングが上手いとか、
世界観を作るのが上手いとか、

色々褒めて頂けるようにもなりましたけど、
最初はネットの事なんて何も知らなかったし、
特に才能があったわけでもなかった。

実績も知識も、スキルも、確信も
何1つなかった。

でもそこで立ち止まって、

「いまの自分ができること」から
何かを始めようとしても、

人生って変わっていかないものです。


最近では、

「やりたいことを仕事にできないと
人生うまくいってない」

みたいな風潮もあって、

「やりたいこと探し」みたいに
なっている人は多いかもしれません。


でも自分の方向性が
定まっていない状態で

「仕事で何をするか」
ばかりを求め続けていると、

いつまで経っても自分のやりたいことは
見つからないし、

仮にやりたいことが見つかったとしても、

「あれ、やっぱり向いてないかも?」
「なんか違うかも?」

といったように迷ったり、
自分の行動に自信が持てなくなるものです。


でも仕事を通して「どうありたいか」
っていう部分がイメージできていれば、

つまずいても、苦しくても、迷っても、
進むべき道は見えている。


だからこそ、
「自分はどうありたいのか?」

この問いが全ての出発点なんです。


自分の理想の状態をまずは知る。
そんな「今」を生きていきましょう。


2021年もまたこんなことを
伝えながら僕自身も成長できる
1年にしたいなと思ってます。

ブログやメルマガ、ツイッターなどで
どんどん情報発信していきますので、
今年もよろしくお願いします。


P.S.

今日は2021年初のメルマガということで、
久しぶりにワークを出題したいと思います。


あなたは、
仕事を通してどんな自分だったら
カッコいいと思いますか?

理想のワークスタイルや
人物像を考えてみてください。


ビーチで日光浴しながら
ビール飲んで仕事して、

とかでも全然OKです。笑


「自分は何をしたいか?」
って考えだすと迷路に迷い込みます。


例えば、

「どこに旅行いこう?」
って考えだすとなかなか決まらないけど、


・ビーチが綺麗
・カフェがたくさんある
・治安がいい
・写真も撮りたいから絵になる場所がある

と自分が求める条件を
あげていくと、


目的地って、
だんだん絞れていきますよね。


それと同じで、
自分の理想たらしめる条件から
逆算してみると

いまの自分に必要なことって
結構簡単に見えてきます。

ということで、
今回のワークぜひやってみてくださいね。

それでは、
今年もよろしくお願いします!

HNY!!
**********************************************

 

 

 

 

 

*Yahoo,Gmailでご登録お願いします

この記事を書いた人

世界を旅するブログ収益化コンサルタント。/少人数限定ブログ収益化コース【Blogger’s High】主催。ブログで月10万円~50万円の収入を得る次世代ノマドを続々と輩出中。元イタリアンシェフ→

メルボルン留学→海外ノマド→稼ぐ”ノマド"になるためのコンサルティング。2019年はアジア中心に【5カ国】回りました。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読みたい!」ところからどうぞ!
閉じる