トレンドアフィリエイトでテレビ欄からネタ選びとキーワード選定を行う6つのコツ

トレンドアフィリエイト実践している方は常に色々な媒体からネタを仕入れてるかと思いますが、今回はテレビ欄を使ったネタ選び、キーワード選定を行うコツを解説していききます。

それではみていきましょう。

テレビ欄を使ったネタ選び、キーワード選定が有効な理由

テレビで放送された内容というのは注目されやすいですから、トレンドアフィリエイトで早く成果を出すためにもぜひ押さえておきたい情報源になります。

なぜテレビ欄は有効な情報源になるのか、理由をご説明したいと思います。

テレビは注目度が高く、テレビに出た人やモノは検索されやすい

トレンドアフィリエイトの基本は『多くの人が気になること』を書くということ。

近年SNSやインターネットの発達によりテレビ離れなんていうことも言われていますが、それでもテレビの注目度が高いことには変わりありません。

  • 家に帰ってきてとりあえずテレビをつける
  • 家族と楽しく食事をしながらテレビを見る

そんな習慣は変わりませんよね?

幅広い世代がテレビを見ていますし、テレビで取り上げられたお店が翌日長い行列を作ったり、番組で特集された商品が翌日お店から姿を消すという話はよくあることです。

そう考えてみれば、いかにテレビのパワーが絶大か分かると思います。

そんな大きな話題になるようなネタを書くことができれば、大きなアクセスを集めることが可能なのです。

前もってアクセスを集めそうなネタを予測できる

速報系のニュースをうまく狙い撃ちできると莫大なアクセスがを集めることができますが、スピード勝負になってしまいます。

まだインデックススピードが遅いサイトだと、記事を書いてもインデックスされる頃にネタの旬が過ぎてほとんどアクセスが集まらない・・・なんてことに。

未来予測記事と呼んでいますが、テレビ欄を使えば数日後に放送される番組を見越して記事を書くことができます。

出演者や番組内容を見ながら記事を書くことができるので、アクセスが集まりそうなネタを前もって準備しておくことが可能なわけです。

副業でトレンドアフィリエイトを実践されている方や、子育てが忙しくてなかなか時間がとれない方でも扱いやすく、大きなアクセスを集めることができるので、活用しない手はないですね。

特に初心者の方はテレビ欄のからの未来予測記事戦略は基本になりますので、ぜひマスターして欲しい戦略になります。

需要が大きくライバルが少ないキーワードで勝負できる

SEOが育っていなくてサイトパワーが弱いサイトでも大きなアクセスを集めやすい、ということも理由に挙げられます。

まさに今世間が注目しているネタを書いて上位表示できれば、膨大なアクセスを集めることができます。

例えばSMAP解散のようなネタですね。

しかしこのようなネタは他のトレンドアフィリエイト実践者もこぞって記事を書くのでライバルも多く、ニュースサイトなどの大手メディアとキーワードが被りアクセスを集めるのが難しいの実情です。

テレビ番組は先ほども言いったように注目度が高く、検索需要は常にあるような媒体なのでライバルが少ないポイントを狙っていけるのでアクセスが集まりやすいのです。

最近は大手メディアも話題のテレビ番組に関連したニュースを流すようになってきましたが、それでも一歩踏み込んだ部分というのは記事になりませんので、安心して記事を書くことができます。

テレビ番組の放送内容はパターン化されているので傾向を掴みやすい

テレビ番組というのは毎週決まった時間に同じような内容で放送されます。

  • ゲストを交えてのトーク番組ならゲストが変わる
  • トークが中心の番組ならトークテーマが変わる
  • 旅番組なら特集される地域や国が変わる

番組内容が大きく変更されるということはほとんどありません。

このようにテレビ番組の内容というのはパターン化されているので、記事を書いてどういう反応があったのか簡単にリサーチできます

記事を書いてみて、アクセスがなければ記事の焦点を変えてみる。

アクセスを集めたのであればもう一度同じパターンで狙ってみる。

このようにテストを繰り返すことで、あなたしか知らない『ずらし』を見つけることができます。

あなただけのオリジナルのずらしを見つけることができればライバルが全くいない状況を作り出すことができるので、少ない労力でアクセスを集める記事を書くことが可能なのです。

テレビ欄を使ったネタ選びとキーワードの選定方法

それでは実際にテレビ欄からネタ選びやキーワード選定を行っていく方法を解説して行きます。

まず、使用するテレビ欄なのですが、オススメはYahoo!テレビ.Gガイド

他にも番組表はありますが、出演者の画像も掲載されていますし、予告動画も貼られていたりするので、番組内容の概要を掴みやすですね。

色もカラフルで見やすいです。

番組欄からメインキーワードを選ぶ

まずはテレビ欄から番組を選びメインとなるキーワード選びます。

そして、このメインとなるキーワードを中心にタイトル決め、記事を書いていきます。

今回は有吉反省会にさとう玉緒さんが出演されるので、さとう玉緒さんをメインキーワードに選びました。

複合的に検索される関連キーワードを選ぶ

続いてyahoo!虫眼鏡やGoodkeywordsを使って関連キーワード選定をして行きます。

検索者は2語、3語と単語を組み合わせて検索しますので、メインのキーワードと一緒に検索されるような関連キーワードを選定していきます。

そのときに役に立つのが、yahoo虫眼鏡やGoodKeywordsなどのツール。

このようなツールを使い、多くの人が検索しているキーワードを選定いていきます。

yahoo虫眼鏡

Yahoo!虫眼鏡とはyahooで検索した時に検索バーの下や検索画面の下に表示される単語の組み合わせです。

さとう玉緒と検索するとこのように表示されるので、ここから関連キーワードを抽出していきます。

選んだテレビ番組と関連性の高いキーワードを選ぶといいでしょう。

Goodkeyword

こちらのツールはyahoo虫眼鏡同様に多くの人に検索されているキーワードを探せるツール。

まずはyahoo虫眼鏡で関連キーワード探し、思うように見つからない場合や、さらにキーワードを付け足したいときに使うといいでしょう。

  • メインキーワード
  • 関連キーワード

が決まったら日本語が不自然にならないように注意しながらタイトルをつけていきます。

テレビ欄からネタを選ぶときの6つのポイント!

同じ番組の記事を書いたとしてもどこに注目するかによってアクセスの集まり方は全然違います。

テレビ欄を使って記事を書く場合に押さえておきたいポイントについてお話ししてきます。

検索されやすい番組を選ぶ

テレビ番組と一言にジャンルや放送時間などバラバラです。

多くの人が注目している番組を書くようにしましょう。

この辺りは想像つくと思いますが、早朝や深夜2時にやっているような番組ですと、当然見ている人も少なくなってしまいます。

いわゆる、ゴールデンタイムの7時から11時あたりに放送されている番組は見ている人も多く、検索需要も高いのでこの時間帯の番組を狙っていくようにしましょう。

午前中から午後にかけて放送されている時間帯を狙うなら、同様に人気がある番組を狙うようにするといいですね。

番組の内容ではなくて人物にフォーカスする

番組の内容にフォーカスするのではなくて、人物にフォーカスするということが重要です。

テレビ番組というのは色々な要素が集まっているものなので、視聴者の興味が分散されます。その結果需要が落ちます。

しかも、初心者の方はキーワード選定をする時にどうやって狙えばいいのかわかりにくい。

そこで、番組の内容ではなくて、人物にフォーカスするとアクセスが集まりやすい記事を書くことができます。

  • あれこの人の奥さん誰だっけ?
  • 小栗旬ってイケメンだな〜
  • え?何この人?誰!?

そんなことを思ったときに人は手元にあるスマホで検索するものです。

さらに、人物にフォーカスした記事というのは無駄になりにくいのです。

例えば番組の内容にフォーカスしてしまうとその番組終了後はだんだん検索されなくなっていき、1ヶ月後、3ヶ月後にはほとんど検索されません。

その番組をねらったピンポイントのキーワードなら尚更です。

しかし、人物にフォーカスした記事なら、その番組が終了してもその人物が他の番組に出演した場合にアクセスが集まる可能性があります。

仮に狙った番組で思うようにアクセスが集まらなくてもまたチャンスが巡ってくるということです。

実際に当初狙った番組ではアクセスが集まらなかったけど、他のタイミングでアクセスが集まったということはよくあることで、僕もそういう経験があります。

人物を中心にして記事を書くというのは基本なので、ぜひマスターしてください。

有名過ぎる人は狙わない

誰もが知っている有名人、10人聞いたら10人知っているような有名人だとライバルが多くなってしまい、記事を上位表示させることができません。

よく知られているということは昔から芸能界で活躍しているということなので、グーグルの検索エンジン上にその人について書かれた記事が多いということになります。

そこで、まだあまり有名でないタレントやモデル、俳優を選ぶようにすると、ライバルの数も少なくなるのであまりSEOが強くないブログでもライバルに十分勝つことができます。

まだその人の記事を書いている人が少ないつまりこのグーグル上その人について書かれた記事が少ないということになるので、あまりSEOが強くないサイトでも十分ライバルに勝つことができます。

  • 有名人の2世タレント
  • まだ有名ではないグラビアアイドルや俳優

このようなところを狙えるといいですね。

番組内でその人物がどれだけフォーカスされるか考える

続いて気をつけて欲しいのはその人物の出演時間ですね。

記事にするにはちょうどいい芸能人がいたとしても出演時間が短かったり、その芸能人にあまりスポットが当たらない番組なら検索される可能性が低くなってしまいます。

  • ハプニング映像集
  • ドラマのNG集

このようにただ映像を流すような番組だといくら狙えそうな芸能人が出演していたとしても視聴者の興味は別の方向に行ってしまいます。

トーク番組ならどのくらいその芸能人にフューチャーされるのか?

1時間あるうちの5分しかその芸能人がフューチャーされないのであれば、同様に検索されるチャンスが少なくなってしまいますので、なるべく番組内で注目されそうな人物を選んでいくようにしましょう。

どこ?(Where)にフォーカスする

続いては人が持つ第二も興味ポイント『どこ?』を意識して書くということ。

場所にフォーカスすると番組視聴者の疑問点が明確なので、爆発的な検索需要が生まれます。

  • 番組内で紹介されたおすすめスポット
  • レストランなどのお店
  • ロケ地

などがこれに当てはまりますが、こういったことは検索されやすいです。

そして番組終了後も一定の需要が見込めるので、息の長い記事になりやすい。

『あ〜あの番組で紹介されてたお店どこだっけ?』

このように思って人は検索するものです。

あなたもこのような経験ありますよね?

有名スポットや人気のレストランなら長期的にアクセスが見込めるので、場所にフォーカスして記事を書くという方法もいい方法です。

特化型ブログと競合するようなネタは避ける

主に健康や美容法などのネタ。

検索需要も高く、番組終了後もロングレンジとして検索される可能性が高いネタなのですが、特化型ブログが入ってくるので結構厳しい戦いになります。

グーグルはいろんなジャンルがごちゃ混ぜになった雑多ブログより何か一つのジャンルに特化した特化型ブログを評価する傾向にあるので分が悪いわけです。

しかも、予備知識がないと、リサーチに時間がかかって効率も悪い。

このようなことを考えると、書かないと割り切るのも戦略としてはアリですね。

しかし、ある程度SEOも強くなり、PVも一日2000PVぐらい行くようになったら、狙っていけると思うのでその辺はブログの育ち具合を見ながら考えていくのがいいと思います。

まとめ1:気になった番組があったら何回か書い見よう

テレビ欄からのネタ選びキーワード選定でした。『この番組は行けそうだな・・』と思ったら何回か書いて見ましょう。

アクセスが望めるネタであっても1回で当たるとは限りません。いけそうだと思ったら書いてみる。

アクセスが見込めそうな番組を吟味することも大切ですが、とりあえず書いてみてるということも大切です。

まとめ2 : テレビを見ていて疑問に思ったことを書いてみる

普段何気なくテレビを見ている時もヒントがたくさん転がっています。あなたがテレビを見ていてふと疑問に思ったことや家族が実際にスマホで検索したことなどを記事にするというのもいい方法ですね。

あなたが気にあったことは他の人も気になっていることが多いので、そういった視点でテレビを見て見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です