住宅マニアの僕がメルボルンの家探しの方法と家賃相場をまとめてみた

こんにちは、住宅マニアのDaiki(daiki_cena)です。

僕は現地に渡航する前に日本から家賃や場所を徹底的に調べ上げ、その甲斐あってメルボルンでは理想の住宅を住むことができました。(笑)

(住んでいた家はタワマン在住者が語る!メルボルンの家探しはCBD(シティ)がオススメな3つの理由。でご紹介しています)

ただそこに行き着くまでにはトラブルに巻き込まれたりと紆余曲折あったわけですが、今日はそんな僕の経験とともにメルボルンでの家探しの方法と家賃相場などをお話ししていきたいと思います。

メルボルンの家賃相場は?

まず僕らが借りることができる部屋のタイプと家賃相場を見ていきたいと思います。

どのタイプの部屋を借りる場合でもほとんど光熱費、インターネット代が家賃に含まれています。そして家具付きの場合がおいので掲載されてる家賃だけ他に諸経費はかかりません。

ちなみにオーストラリアでは家賃は週計算になります。(支払いは1ヶ月)

シティ:オウンルームの家賃は週200ドル〜300ドル

オウンルームというのはバスやキッチンはシェアだけど部屋は一人部屋という形式です。

大体シティだと、

週200ドル(1万6000円)〜300ドル(2万4000円)

1ヶ月の家賃・・・6万4000円〜9万6000円

今検索して見たのですが、こちらの物件は週220ドル(1万7600円)

かなりいい物件ですね。

こちらはメルボルンセントラルの近くですが、家賃は285ドル(2万2800円)

シティ:ルームシェアは150ドルから170ドル

ルームシェアは文字どおり、1つの部屋をルームメイトとシェアする形になります。僕は韓国人のルームメイトとシェアしていました。

タワマン在住者が語る!メルボルンの家探しはCBD(シティ)がオススメな3つの理由。でも部屋はご紹介していますが、家賃は週150ドルでした。

週150ドル(1万2000円)〜170ドル(1万3600円)

月の家賃・・・4万8000円〜5万4000円

郊外はもう少し安い。

郊外になると、もっと安くて、

オウンルームが週150〜190ドル(約1万2千円から1万5000円)。

月の家賃・・・4万8000円〜6万円

ルームシェアが週100〜130ドル(約8000円から1万円)。

月の家賃・・・3万2000円〜4万円

くらいになりますね。ただシティに来る時間や電車代や通学のことを考えると、僕はあまりオススメしてません。

 

まず、CBD内の物件は激戦区です。

CBDとはメルボルンの中心地。

CBD内に住んで入れば夜遊びに行っても終電を逃すこともないし、通学にも便利です。駅やスーパーも揃っているのでとても暮らしやすいです。

しかし、人気もあるので新しい物件が出るとすぐに埋まってしまいます。なので僕は授業中もこまめにチェックしていました。

家探しは基本的にスピード勝負になるので、ちょっとでもいいなと感じた物件があったらすぐにインスペクション(下見)の連絡をとりましょう。

ドタキャンもあるので注意。

早速海外の洗礼を受けたなって思った出来事があったのですが、ある物件のインスペクションが決まって、当日待ち合わせ時間よりも早めに物件に到着しました。

で、待っていたのですが、なんか連絡来る気配がないんですよね。返信も帰ってこないですし。すると待ち合わせ時間を過ぎてちょっと経った頃、「今日やっぱりなしで!」

みたいなメールが届いたんです。実際にどんなメールだったかは覚えてませんが、ドタキャンされました。

しかも。

2回連続で!!!(笑)

これにはホストファミリーもびっくりしてました。(笑)

これどういうことかというと、僕よりも前にインスペクションをしてる人がいて、その人が物件を決めたということなんです。

僕がインスペクションのアポを取っていたとしても、その前の時間帯で同じようにアポを取っていた人がいるわけです。

なのでその人が契約してしまえば僕には回ってこないということですね。

何が言いたいかというと、1日3件くらいは内見のアポを取っておいた方がいいということです。そうすれば仮に何軒かキャンセルされても大丈夫なので。

英語環境が欲しいならGumtree一択。

Gumtreeはオージーも利用している完全英語のサイトです。

掲載数も多く一番利用されているサイトなので間違いありません。僕は英語環境が欲しかったのでGumtreeしか使いませんでした。

「Real estate」→「Property for rent」を選択します。

続いてロケーションを選択すれば簡単い物件を探すことができます。

このサイトから物件のオーナーに連絡を取ったら、そのあとはスマホのメールに移行してインスペクション(物件の下見)の日程を決めていきます。

やり取りは全部テキストなんので、スピーキングに不安があっても大丈夫です。

日本語で探すなら日豪プレスとGO豪メルボルン

日豪プレス

GO豪メルボルン

この2つは日本人の向けに貸し出されている部屋も多く英語が心配な方でも心配することなく利用できます。

家賃も日本人に絞っているからなのか、相場と比べても比較的安くなってることが多いです。

メルボルンでの家探しの流れを確認しよう。

  1. 気なる物件をウェブサイトで探す
  2. インスペクション(物件の下見)のアポをとる
  3. インスペクションをする
  4. 契約、引越しの日程を決める
  5. 引越し

流れはこんな感じですね。。

ここで僕が家を探した時に流れを軽くご紹介したいと思います。

僕は先ほどもお話しした通りGumtreeで物件を探しました。友達の紹介などがない限り、先ほど紹介したWEBサイトを使って探すのがいいと思います。

そしていい物件を見つけたら、すぐにインスペクションのアポを取ります。

ここで自分が実際に住む部屋を見ることができます。

僕は、

バスルーム、キッチン周りがちゃんと片付いているか(もちろん部屋も)

ルームメイトの雰囲気と人数

この2つを重点的に見てました。キッチンとバスルームはその部屋の住人の性格出るし、人種は偏見ではないですけど、ヨーロピアンよりアジア人の方が綺麗好きな人が多いです。

人によりますが、インスペクションしていてそう感じたものはありました。

あとは実際にどの物件の場所もわかりますので学校との距離なんかも考えてあげるといいですね。

そしてインスペクションをした時点で契約するかどうかを決めます。

保留にするともし他に希望者がいた場合はそちらの方に取られてしまうので、基本的に保留とか考える時間はないと思ってください。

ポイントはちょっとでもいいなと思ったらすぐに決めてしまうことですね。逆に言えばあまりピンとこなかったらやめておくということ。

僕は決めるまでに3件くらいは見ましたがいずれもアンテナが反応しなかったんですよね。でもずっと住んでいたところはここだ!って思ったので、それくらいの感覚でいいです。

あとどうしても迷っていて、待って欲しい時はお金払うしかないとお思います。僕のオーナーはデポジット払えば1週間は待ってくれると言っていたので。

契約書はなくてもいいかな?

よくエージェントや留学ブログでも契約書は必ずもらいましょうと言われますが、僕はもらいませんでした。というか何回か言ったんですけど、くれなかったんですよね。(笑)

本当はあまり良くないのかもしれませんが、そこはいい人であるということを信じるしかないと思います。

仮に何かあった時に契約書があればどうかなるっていうのも疑問ですし。

というわけでこれは僕の一個人と意見ですが、書類はそこまで重要ではないと思われます。

僕もオーナーとは何度かトラブル?(そんな深刻ではないけれど)がありましたがそういう小さいことって普通にあると思っていた方がいいので、契約書とか書類があればいつもで大丈夫!って思わない方がいいと思います。

まとめ

というわけで、今日はメルボルンでの家探しについてお話ししていきました。家探しは現地での生活の柱となるものなのでいい物件を見つけたいものです。

そして家賃は海外生活で一番お金がかかるのですが、僕はもう少し貯金やお金に余裕があれば快適な暮らしができたかなと思っています。

それに家賃を抑えようとすると選べる物件も少なくなるので探すことも難しくなるんですよね。

現地ではお金がたくさんかかります。少しでも余裕がある海外生活を送りたい方はワーホリや語学留学はお金が超かかる!貧乏留学になる前に副業でブログを始めようを参考にしてみてくださいね。

僕の失敗談や後悔したお話をしているので参考になると思いますよ!!

ワーホリや語学留学はお金が超かかる!貧乏留学になる前に副業でブログを始めよう

2018.11.21
Daiki

僕は今、日本でも海外でも場所を固定することのない働き方を実現しています。シゴト道具はもちろん、ップトップ1台だけ。

でも最初はこんな働き方ができるなんて全く考えていませんでした。

僕がこんな働き方ができているのは、「今までの経験や経歴、好きなことを統合させる働き方」を目指したからです。

あなたにも今ままでの人生で何かに没頭したり頑張ったことがあるでしょう。

そういう経験を余すことなくビジネスに転換できれば人生が豊かになる働き方ができるようになります。

僕がなぜ自由な暮らしをしているのか、お金の心配をせずに自分が好きだと思えるライフスタイルを送ることができているのか?

ご興味がある方はよかったらプロフィールをご覧になってくださいね!!

WEBを活用したビジネスの作り方を配信するDaikiのメルマガはこちら!

「ブログで収入を得てみたい」

「場所を固定しない働き方を実現したい」

「海外を飛び回りながら収入を得てみたい」

僕と同じような夢を持った仲間が集まるメルマガコミュニティが誕生しました!!

・確定報酬20万円を稼ぐブログメディアの作り方!

・ノマドフリーランスとして毎月20万円を稼ぐ秘密!

・月間48万PVを達成するブログ構築術!

僕がゼロからブログメディアを立ち上げ月収20万円を稼ぐまでの道のりやWEBを使ったビジネスの作り方など、面白くて学び溢れるメルマガを配信しています。

自分で言うのもなんですが、かなり濃密な内容となってるのでぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Daiki

WEBマーケター、ブログコサンルタント。 オウンドメディアNomad Avenueを運営する傍ら複数のブログを運営し1ブログで月間48PV/アドセンス収益は月収21万円を記録。 オーストラリアから帰国後に起業し、現在はブログの収益化メインにコンサルタントとしても活動中。 グルメと旅をこよなく愛する左利き。